23日、環球網によると、2018年に韓国で開かれる平昌冬季五輪のメーンスタジアムの建設工事は6月末に始まる見通しだ。写真は平昌五輪組織委員会のSNSより。

写真拡大

2016年5月23日、環球網によると、2018年に韓国で開かれる平昌冬季五輪のメーンスタジアムの建設工事は6月末に始まる見通しだ。完工は17年9月を目指す。費用1477億ウォン(約137億円)のうち、国が558億ウォン(約52億円)、江原道が524億ウォン(約49億円)、平昌五輪組織委員会が327億ウォン(約30億円)をそれぞれ負担する。

スタジアムの建設は場所の選定やデザインの変更、予算分担の問題で着工が遅れており、外部からは開会式への影響を及ぼす声が上がっていた。観客席は当初の4万席から3万5000席に縮小。敷地面積は5万8400平方メートルから5万5600平方メートルへと見直されている。(翻訳・編集/野谷)