本気で結婚したいなら・・・独女が今すぐやめるべき「悪習慣」って?

写真拡大

結婚式の増えるこの季節。新郎新婦の幸せそうな姿を目にして、そろそろ本気で結婚したい!と願うアラサー女子も少なくないはず。しかし、果たして今のままでその目標は達成できるのでしょうか・・・。

そんな独女に向け、既婚女子がズバッと指摘。「だから結婚できないんです!」という、独女の独女たる悪習慣を挙げてもらいました。

◆女子会は最高でも月1回!

「昔はほぼ毎週、女友達とご飯して買い物して、たまに飲みに行って、合コンして・・・という生活をしてきました。というのも周りが全然結婚してなくて、それが普通というか。女子同士で遊んでると、すごい安心感がある。たとえその中の一人が結婚したとしても、また別の独身女子が遊び仲間に加わるし。

そうなると類は友を呼ぶって感じで『結婚なんてまだする必要なくない?』という意見が周りからどんどん出てきて、『結婚するメリットがない』とか『まだ仕事で大成してないのに結婚する女ってどうなの?』的な話題になったり。自分もどんどんそういう思考にいってしまってました。

友達付き合いって本当に大事だけど、ほどほどにしたほうがベターな気がする。独身女子同士で固まってしまうと『みんな結婚してないし・・・』っていう、とてつもない安心感を持ってしまいますから」(30歳/結婚1年目)

◆お金にだらしない女は見向きもされない

「20代のほとんどは美容や海外旅行、女子会にばかりお金を使っていました。一人暮らしだったので、夜はコンビニ弁当やデパ地下のお惣菜。服なんかも、かわいいと思ったらすぐに買ってしまって、ボーナスが飛んじゃったこともありました。男性に対しても、おごってもらって当然!と思っていましたね。

29歳のとき、彼に『金遣いの荒い女と将来は考えられない』とフラれてから、一念発起してお金への考え方を変えました。今では家計簿もつけて、貯金も着実にできています。

今思えば、早めに結婚していった子たちは、無駄にお金を使ったりしないし、上手にやりくりしていたなぁ、と。一緒に生活するわけですから、経済的にだらしないのはやっぱりマイナスですよね」(36歳/結婚2年目)

Depressed women in bed. Top view of young sad women lying on the bed and hiding her face in hands

◆遊び相手やパトロンとは縁を切ろう

「つい寂しくなって、セフレやおごってくれるオジサンたちに連絡してしまうことが結構ありました(笑)。でもそれやってたら絶対に結婚できない!当時、私にはパトロン的な存在の50代の男性がいて、確かにそういう存在は便利なんだけど、それがあるといつでもその人に逃げちゃう。そういう人っていつでも私を可愛がってくれますから。

大事なのは、初対面の人にちゃんと評価してもらって、自分の市場価値を知ること。私の場合『まだまだ全然大丈夫』と思っていたのに『あ、私ってもう結構、価値低い』って実感させられて、ちょっとへこみました。自然と『真剣に恋愛して結婚しなきゃ』と思いましたね。逃げ場をなくすのってほんと大事!」(35歳/結婚2年目)

◆スピリチュアルはほどほどに

「占いやパワースポットめぐりなど、スピリチュアルなものにハマってしまいました。少しくらいならかわいいものですが、私の場合は遠くの神社へ参拝するために有給をとったり、あやしいグッズやセミナーに何万円もかけたりと、完全にアウトな状態。きっと周囲もドン引きしていたと思いますが、夢中すぎて気づかず・・・。

でも、『なかなか効果が出ないな・・・』と思って遠ざかっていたころ、彼氏ができてとんとん拍子に結婚まで進みました。男性は女性よりスピリチュアルなものへの興味が薄いので、彼と出会ったときもまだハマっていたら確実に別れていたと思います。今となっては、なんであそこまでドハマりしたのか思い出せません」(33歳/結婚1年目)

iStock_000086336681_Small

◆数打ちゃ当たるのは若いうちだけ

「合コンに行く回数は現在の半分以下にしたほうがいいと思う。私も月平均5回くらい合コンしてたので、『次から次へと男は現れる』となんとなく思ってました。確かにそれはそうなんだけど、ある時、久々に会った学生時代の友達と話してたら、自分がいかに無駄に目が肥えてしまったかを思い知ったんです。

こうなったら本気でやばいですよ。実際に『この前会った男、着てる服が気に食わない、私の好きなブランドじゃない』とか『食事のオーダーの仕方が嫌』とか『連絡の回し方がスマートじゃない』とか、とにかく細かいことが目につくようになっちゃうんですよ。

次から次へと合コンはあるとはいっても、年を取るほど回数は減りますし、相手も超セレブかダメ男の両極端。中間層が全然いなくなるんです。数打って楽しいのは20代前半まで。アラサーになったらある程度絞っていくべき。無駄なコンパに行くのはやめましょう、婚期が確実に遠のきます」(35歳/結婚1年目)

◆心当たりがあったら要注意!

以上、5人の既婚女子からの忠告でした。「わかっているけどやめられない」という方も多そうですが、その行動が婚期を遠ざけているかもしれません。

自分を変えるのは大変なことではありますが、本気で結婚したいなら、ぜひ今日から実践を!明るい未来を勝ち取りましょう。