グランドスラム第2戦・ローランギャロス(全仏)が、5月22日からパリで開幕した。錦織圭(ATPランキング6位、5月16日付、以下同)は、昨年記録した自己最高のベスト8以上の成績が期待される。

 4月からヨーロッパで繰り広げられているクレーシーズンでも、錦織はいい結果を出し続け、バルセロナ大会で3連覇はならなかったものの準優勝。グランドスラムに次ぐグレードのマスターズ1000(以下MS)・マドリード大会では3年連続のベスト4、MS・ローマ大会では初のベスト4を記録して、昨年以上に安定した強さを披露している。

 マドリードとローマの準決勝では、共にノバク・ジョコビッチ(1位)に敗れたが、特にローマでは3時間2分のフルセットで、総獲得ポイントでは錦織111点、ジョコビッチ112点、まさに僅差で錦織は敗れたのだった。マイケル・チャンコーチは、錦織にとって価値ある負けだと評価している。

「(圭が)ここ最近負けた試合では、数ポイントの差だった。(ジョコビッチに)より近づいている。フィジカルも調整してきた中で、今はより強くなってきている」

 ただ、好成績を収めて試合数が増えた分、錦織は精神的にも体力的にも疲れが溜まっていた。パリ入りしてから数日間は軽めの練習となったが、木曜日からチャンコーチが合流し、本格的な練習を再開した。その練習では、チャンコーチがスマッシュのテークバックを実演して、錦織に特訓させる場面も見られた。

「マイケルがマドリードとローマにいなかったので、(チャンコーチが)テレビで見ていた中で感じた自分の足りない部分、スマッシュや細かいところをしっかり練習しました」(錦織)

 また、新たにロビー大橋トレーナーを、MS・インディアンウェルズ大会やMS・マドリード大会に帯同させ、トレーニング強化に努めてきたが、今回の全仏でも行動を共にし、体力的に厳しい状況で戦う試合に対処しようとしている。

「ヨーロッパの期間が自分の中で重要だった。いつもケガに近いことが起きていた。長いヨーロッパ遠征の中で、今週(全仏の直前週)だったり、バルセロナの後だったり、1週間空くときがあるので、トレーニングをその間でしっかりやることは、前々から課題にしていた。今回、ロビーとやって、すごく体がフレッシュな状態を保てている。同時に追い込むこともあるので、つらいはつらいけど、すごく身になっているのを感じている」

 今回の全仏で錦織は、ロジャー・フェデラー(3位)の欠場により、1つ繰り上がって第5シードになり、大会ドローのボトムハーフに入った。1回戦の相手は、シモネ・ボレリ(116位・イタリア)。昨年のウインブルドン以来の対戦となるが、錦織の2勝0敗で、クレーでは初対決となる。

「芝よりは、自分の時間を持ってプレーできるので、その分早い展開にはされにくいと思う。よりじっくり自分のテニスができると思う」

 錦織はそこを勝ち上がると、2回戦では、アンドレイ・クズネツォフ(40位、ロシア)とベンジャミン・ベッカー(94位、ドイツ)の勝者と対戦する。クズネツォフとの対戦成績は錦織の0勝1敗。ベッカーとの対戦成績は錦織の2勝1敗だ。

 3回戦からはシード選手同士の対戦になり、シード順通りに勝ち上がると想定すると、3回戦では第28シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(30位、ウクライナ)で、錦織の5勝0敗。4回戦では、第9シードのリシャール・ガスケ(10位、フランス)で、錦織の2勝6敗。前哨戦のMS・マドリード大会で、錦織がガスケから初勝利し、続くMS・ローマ大会でも錦織が勝って、ガスケへの苦手意識は解消されつつある。

 そして、準々決勝では第2シードのアンディ・マリー(2位、イギリス)で、錦織の1勝6敗。3月のデビスカップでは、4時間54分におよぶ5セットの激闘の末、錦織が敗れて、マリーに3連敗となった。準決勝では、ディフェンディングチャンピオンで、第3シードのスタン・バブリンカ(4位、スイス)で、錦織の1勝3敗だ。

 キャリアベストといえるクレーシーズンを過ごしてきた錦織は、その好調を全仏につなげたいと考える。

「それはもちろんあると思います。例年以上にクレーで出来が良かった。ローマでも結果と(内容も)いいテニスができたのは自信になったので、自然といい形でここ(全仏)に入ることができました。ちょっと体力面で心配な部分がローマでもありましたけど、(今は)大丈夫そうなので、このグランドスラムでしっかり戦い抜けることを目標にやりたいですね」

 約2年間トップ10に定着し、さらなる高みを目指す錦織にとって、テニスの調子をグランドスラムでピークにもっていけるかどうかが、活躍のカギになる。

 以前のフェデラーやラファエル・ナダル(5位)、現在の王者ジョコビッチは、グランドスラムに照準を合わせ、そこで最高のプレーを実践できたからこそ、数々の栄冠を手にすることができたのだ。

 グランドスラム初制覇を目指す26歳の錦織が、今回の全仏でどのようにピークを持っていくのか注目したい。

神 仁司●文 text by Ko Hitoshi