不倫男の常套句「君のことが忘れられないんだ」は100%酔っ払っているとき

写真拡大

不倫男がささやく言葉は、なぜかみんな同じセリフ。

不倫男の常套句シリーズ今回は、別れたあとの不倫男が一度は口にする「君のこと、忘れられないんだ」について考察していきます。

100%その場だけの感情

こんなセリフを元恋人に電話してくる不倫男は、ほぼ100%酔っぱらった状態で連絡しています。酔った勢いにまかせて、元恋人への未練を伝えてくるのです。

「忘れられない」のは本当だとしても、家庭を壊す気は毛頭なければ、しらふでこのセリフを言う覚悟もない。つまりただの戯言、目の前の感情をセーブできない弱い男なのです。

翌日は「覚えていない」でごまかす

そして彼らのほとんどは、翌日酔いから覚めて、自分の失態、情けなさを恥じ入ります。その結果「昨日の電話(メッセージ)ごめん。実はよく覚えてなくて」と弁明してくるはず。

つまり「夕べのことはなかったことにしてくれ」と言っているのと同じ。自分をコントロールできなかったうえに、一方的に気持ちを伝えて元恋人の心をかき乱したのに、「なかったことにしてくれ」と言うのですから、こんなに身勝手なことはありません。

対策は「完全無視」に限る!

それでも、まだこちら側にも未練があった場合、相手から「忘れられないんだ」と言われたら、ついフラフラとよりを戻したくなるものですよね。

でも、よりを戻したところで地獄の苦しみはさらに増すばかり。本当だったら「ふーん...だから? で? なに?」と無下に対応して不倫男に冷や水を浴びせたいところですが、そのエネルギーさえも無駄。相手に「けじめをつけて独身に戻ったので、あらためてつき合ってください」という覚悟がない限りは、これらのメッセージは完全無視!

メッセージの場合は、既読スルーが一番相手はこたえます。「わたしはあなたのことは忘れて、新たな自分になったのよ」と無言のメッセージを発信しましょう。

あわせて読みたい

・不倫男の常套句「俺たちの関係は、公然の秘密だから」...って全然バレてるから!

・不倫男の常套句「悪いのはすべて俺だ」は、自分を守るためだけのウソ

・不倫男の常套句「わかっていてつきあったんでしょ」は、地獄の入り口!?

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

photo by Thinkstock/Getty Images