写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アクティブコアは、マーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」」に、新機能として個客対応の「Web接客機能」を搭載したと発表した。

「Web接客機能」は、「activecore marketing cloud」で構築したプライベートDMPから、購入客と類似する見込み客を抽出し、「アクション」としてレコメンドメールを送信する。

顧客一人ひとりの行動履歴に応じて、マーケティングシナリオを作成できる「activecore marketing cloud」の「シナリオビルダー」機能を利用し、その先の顧客の行動履歴に合わせた、マーケティングシナリオ(Web接客シナリオ)を実行していくことができるという。

たとえば、通勤時にスマートフォンに送られてきたクーポンバナー付きのレコメンドメールを閲覧しながらも、購入に至らなかった顧客に関して、自宅に戻ってタブレット(またはスマホ等)を見た時に、期限付きの特別クーポンを表示するなど、個別のコンシェルジュが各々の顧客へお薦めするようなシナリオを実行することができるという。

(丸山篤)