トヨタ自動車は、2014年1月のデトロイトモーターショーでワールドプレミアしたコンセプトモデル「FT-1」を、東京オートサロン16や大阪オートメッセ16で公開。

1

昨秋の段階では、BMWとの「スープラ」後継車の共同開発に正式なGoサインが出ていなかったようですが、今年3月にはイメージレンダリングが出回るなど、いよいよ具体的な動きが出て来たようです。

動画を見るにはこちら

現段階における各種情報を総合すると、次期スープラのエクステリアデザインは当初の計画どおり、コンセプトモデルである「FT-1」がベースになっているようで、前後意匠についても同車のイメージを色濃く継承している模様。

スリーサイズは先代比で全長が-140mm、全幅が+50mm、全高が-45mm、ホイールベースが-70mmと、’短く、広く、低く”なるとの予想。

デザインこそトヨタ・オリジナルですが、スポーツカーとして肝となるパワーユニットをはじめ、「Z4」の後継となる「Z5」のプラットフォームなど、BMW製を流用しているようで、生産もBMWが担当する模様。

これによりBMWの「走り」の部分がそっくりスープラに移植され、これまでのトヨタ車には無い、かなり刺激的なモデルになりそうです。

搭載エンジンはBMW製2.0L直4ターボと3.0L直6ターボが有力のようで、前者は200psと255ps、後者は340ps程度となる見込みで、3.0Lエンジンについてはトヨタのハイブリッドシステムが搭載される見込み。

車両価格は2.0Lモデルが400万円台前半から500万円台半ば、3.0Lモデルが800万円程度となりそう。

ワールドプレミアは来年秋の東京モーターショー、もしくは翌年1月のデトロイトモーターショーとなる公算が高いようで、発売は2018年秋との予想。

2代目が2002年に姿を消して以来、16年を経て蘇るトヨタのスーパースポーツ、3代目「スープラ」に大きな注目が集まります。

(Avanti Yasunori ・画像:TOYOTA USA)

【関連記事】

スープラ後継モデルのレンダリングイラストを入手
http://clicccar.com/2016/03/04/357976/

次期「スープラ」はスポーツHVターボで2018年に登場か?
http://clicccar.com/2015/09/23/328501/

3代目スープラはカーボン武装の「スポーツハイブリッド」で登場?
http://clicccar.com/2014/11/16/277918/

トヨタの次なる一手は「ダウンサイジング・ターボ+HV」か?
http://clicccar.com/2014/08/19/264845/

トヨタ「スープラ」はBMW Z4と兄弟車で2016年に復活?
http://clicccar.com/2014/07/13/261728/

新型トヨタ「スープラ」、スポーツHVで2017年秋登場か?(http://clicccar.com/2016/05/23/372960/)