【真相はいかに】雪山でスキーをしていたら…機敏な動きのヒョウに遭遇! 絶滅危惧種ユキヒョウかも?

写真拡大

インド北部ジャンムー・カシミール州にあるスキーリゾート地、グルマルグに、ヒョウが現れた!?

はるばるオーストラリアからこの地を訪れていたオーウェン・ランズベリー(Owen Lansbury)さんが、雪山でスキーをしているときに、ヒョウかもしれない生き物に遭遇しました。

彼のFacebookにアップされた動画を記者(私)が確認してみたところ、たしかにヒョウのようなフォルムをしているし、雪の中での動きも俊敏。

もしかしたら、単なるヒョウではなく絶滅危惧種であるユキヒョウだという可能性は?

【ホントのところはどうなんだろう】

ただし、その生き物は、真っ白な雪にすっぽりと埋もれているので、動画をじっくりみても、一見、どこにいるのかわからない。姿を現すのも、ほんのちょこっと。これだけでは正直ヒョウなのかユキヒョウなのか、はたまた別の生き物なのか判別しかねます。はてさて、真相やいかに!?

【スキーヤーたちのテンションは急上昇!】

ランズベリーさんのフェイスブック、および動画サイトVimeoに投稿された映像を観るに、ヒョウあるいはユキヒョウらしき生物に遭遇したみなさまは相当、テンションが上がっている様子。

中には怯えた様子の女性もいるようですが、男性が歓声を上げるなど、切羽詰まったような印象はあまり見受けられません。

【目の前にいる生物、たぶん肉食獣ですよ?】

でもねえ、みなさん。ヒョウは肉食獣、そしてユキヒョウもまた肉食獣ですよ。イノシシとかロバとか、自分の3倍ほどもある動物でも、食べちゃうらしいですよ。

「ユキヒョウは人を襲うことはない」とも言われているようですが、そこは自然界に生きる肉食獣、何をするかはわかりません。

もしも自分が遭遇したら……と考えると、ゾッとしちゃう。そう思ってしまうのは、私(記者)だけじゃないよね!?

参照元:Facebook / Owen Lansbury、Vimeo
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る