チャットボットと人工知能(2):Googleの新たなメッセージアプリ「Allo」

写真拡大

グーグルが発表したメッセージアプリ『Allo』は、人工知能が生活のあらゆるシーンでアシスタントとして機能する世界を実現する鏑矢だ。世界のテック企業が競い合う「チャットボット」の主権を握るのは、グーグルなのか。

「チャットボットと人工知能(2):Googleの新たなメッセージアプリ「Allo」」の写真・リンク付きの記事はこちら

[本記事は「チャットボットと人工知能(1):Googleの新たなメッセージアプリ「Allo」」の続きです。]


それは、「検索アシスタント」

チャットボットは大小問わず、テック企業の間ではかなりの流行になっている。

マイクロソフトとフェイスブックは自社のメッセージアプリにボットを搭載しようとしているし、HipchatからGoButlerまで、数え切れないほどのスタートアップがボット開発に取り組んでいる。ほかにも、特にフェイスブックは、友人たちだけではなくレストランや航空会社、小売店までを相手にしたビジネス上のやりとりに使用するアプリを、自社のボットを中心にしたメッセージアプリに代替させようとしている。

中国ではすでに、映画のチケット購入からタクシーの呼び出し、病院の予約にいたるまで、メッセージアプリ『WeChat』ですべて済ませられる。同じように、メッセージサーヴィスがより広く使われるようになるのも時間の問題だ。

Alloによって、グーグルはフェイスブックと同じ道筋をたどることになる。例えば、Googleボットを通じてシームレスにレストランの予約ができるようにすべくオンライン予約サーヴィス「OpenTable」と提携することを表明しており、ゆくゆくはその他のビジネスとの接続も計画している。

「我々はあらゆるサーヴィスを統合する『フック』を提示しようとしているとイメージしてもらうといいでしょう」とフライは言う。「グループチャットのなかで映画のチケットを買うこともできるし、タクシーを呼ぶこともできるのです」

RELATED

しかし、これもグーグルの野望の一部に過ぎない。

Alloのなかのボットは、現時点では「Google search assistant」(sとaは、小文字だ)と呼ばれている。グーグルの構想では、このアシスタントの活躍の場はAllo内にとどまらない。

今年の後半、Alloがリリースされたのちには、自宅のリヴィングルームに設置して音声でアシスタントと会話できるデヴァイスをリリースする予定だという。「Google Home」と名付けられたそれは、ネット小売店最大手アマゾンが提供するデヴァイス「Echo」に少し似ている。サーチエンジンなどグーグルが提供する他サーヴィスと連携するだけではなく、家にあるテレビやコンポ、サーモスタットや煙探知機といったほかのデヴァイスの操作も可能になるという。

これはIT業界全体の大きな流れの一部だと言える。いま、わたしたちが互いにチャットしているのと同じように、あるいは少なくともそれに近いかたちで、あらゆる機器とのチャットを可能にしようというオンラインサーヴィスの流れがある。アマゾンのEchoだけではなく、アップルの「Siri」やマイクロソフトの「Cortana」も、それに含まれる。

グーグルはすでにAndroid向けにデジタルアシスタントを提供しているが、無数のアプリやデヴァイスを横断するデジタルアシスタントを開発するにあたり、最新のAI技術を駆使することでさらに先を行こうとしている。グーグルはつい先週も、人の交わす自然な会話を理解できるようなデヴァイスを開発するための下地となるソフトウェアエンジンのソースを公開した。ディープラーニング技術に基づいており、Alloはこのテクノロジーがいかに発展してきたのかを示している。

「自然言語情報処理についてわたしたちがディープラーニングに見出した有用性は、視覚情報処理や発話認識に関するものに比べると、実は驚くほどのものではありません」。自然言語情報処理を専門にしているワシントン大学のコンピュータサイエンスの教授、ノア・スミスはそう語る。しかしこの分野はかなり発展した、とも彼は付け加える。「いま、グーグルのような組織に所属している研究者は、この技術をいかにうまく実用化するのかを模索しているところです」とも言う。

「Siri」をこえて

iOSの音声アシスタント「Siri」を使ったことがあるなら、このアシスタントがまるで生きているかのように振る舞うテレビCMの姿が、実際には似ても似つかないことを知っているだろう。

Siriは「お母さんにメールして」とか「アラームを朝6時にセットして」という簡単な命令なら理解できる。だが、言語の複雑性を完全に把握できない。人の言うことを「理解」できても、正しいアプリやサーヴィスに関連付けられていないせいで、適切な反応を返せないことも多い。

しかし、ディープ・ニューラル・ネットワークのおかげで、いまではさらに先を目指せる状況になりつつある。特にグーグルとフェイスブックはすでにニューラルネットを写真中のモノや顔の識別に広く利用している。マイクロソフトはSkype上で言語を翻訳するのにこの技術を用いている。

ニューラルネットはスマートフォンに向けて発せられた1つひとつの単語を認識することができる。そして自然言語の理解に向けて、個々の単語を認識するだけではなくそれらが組み合わせられたときに提示される意味をも把握することができるように、機能の改良が進んでいる。

ディープ・ニューラル・ネットワークは、Alloとそれに続くGoogle Homeを支えるGoogleアシスタントの基盤となっている。このデヴァイスに向けて話しかければ、ニューラルネットはその言葉を理解して意味のある応答をする。友人とAlloを通じてメッセージをやりとりするとき、ニューラルネットは相手が何を言っているのかを理解して、意味のある応答をサジェストしてくれる。グーグルはディープラーニング研究の最先端にいるし、Alloにも期待がもてることは間違いない。ただし、完璧なものにはなるかどうかは別だ。

つい最近、グーグルを訪問した際に、フライとケイはAlloにできることをいくつか示してくれた。しかし、わたしが直接触れるのは許されなかった。また、Google Homeの実物は、まだ世に出ていない。

これらのデヴァイスが実際に使えるものだとしても、すぐにきちんとした会話をしてくれるわけではない。グーグルが述べているように、最先端の技術でもまだそこまでは到達していない。「わたしたちは、目標としている地点からすると、まだずいぶん遠くにいるんです」と、グーグルの自然言語情報処理のプロジェクトを監修している研究ディレクター、フェルナンド・ペレイラは言う。

Allo_Smart-Reply_Google-564x1024

AlloのUI。

グーグルが前進するなか、競合も同様に歩みを進めている。今日のところはAIに関しては、グーグルは少しだけ優位に立っていると言えるだろう。

しかし、強力なる競争相手たちも、大きく遅れをとっているわけではない。彼らがすでに先を行っている側面もある。アマゾンのEchoは市場ではグーグルの先を行っている。Skypeはすでに広く利用されている。Facebook Messangerは単独で9億人に、WhatsAppは10億人に利用されている。これらに変わり人々をAlloに適応させることができるかがグーグルの賭けといえるだろう。ハードウェアでもSNSでも、グーグルは部分的な成功しか収めていない。これはかなり難しい賭けになるだろう。

最初の一歩

成功するかどうかはともかく、Alloとそのアシスタントは「新しいグーグル」への最初の一歩になると考えていいだろう。Google search assistantは単独のアプリに搭載される一機能にとどまらない。それはあらゆる種類のツールを統括するオンライン上インフラにつながるものだ。これはデジタル時計から自動車まで、ほかのあらゆる場所にも登場すると、グーグルは明言している。

どこに現れるにせよ、このアシスタントの発想は、「Google検索」から「Googleマップ」、「Gmail」、さらにはアラームや電話機能といったAndroid上のささやかなアプリに至るまでを包括するグーグルのサーヴィスとの、新しくより自然なかたちでのソリューションを提供してくれる。そしてもちろん、このアシスタントは、あなたのこととあなたのオンライン上の履歴を記憶していることになる(Googleがあらゆる行動をトラッキングするという発想が気に入らない? データの掌握を制限する方法は多少なりとも残されている。たとえばAlloは「インコグニート・モード」を搭載しており、これはチャットの内容をグーグルが読めないかたちに暗号化し、秘匿する機能だ)。

ここで構築されているのは、グーグルの宇宙、とでもいうべきものへの新しい入り口なのだと、Google検索のエンジニアリングを率いるスコット・ハフマンは語る。「我々はこの、純粋なる対話方式への入り口をつくっているところです。最終的にはグーグルができることならば何でも頼めるようにしたいですね」

それはソフトウェアだけではなく、ハードウェアも包括する。Google Homeは、「Chromecast」やNestのサーモスタット、煙探知機といったものと接続される。しかし、ゆくゆくは「グーグルの宇宙」をも超えていく。彼らの構想では、AlloはiPhoneでもAndroidでも動作するし、Chromecastのようなデヴァイスを通じて、Google Homeはテレビやステレオといった家のなかのあらゆるデヴァイスとも連携する予定だという。

かつてないほどに、コンピューターが人間の話すことを理解できるようになっている。そして、テック企業を率いる最先端の頭脳が、コンピューターをさらに賢くする方法を探っている。コンピューターが生き物のように振舞い我々をあざむくまでには、まだ長い道のりがある。しかし、ついには彼らもつまらない会話であれば自ら切り上げられるようになると考えるのも、必ずしも非合理な話ではない。

[本記事は「チャットボットと人工知能(1):Googleの新たなメッセージアプリ「Allo」」の続きです。]