23日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「韓国の市民意識レベル」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーもあきれ返っている。写真は障害者用駐車スペース。

写真拡大

2016年5月23日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「韓国の市民意識レベル」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーもあきれ返っている。

スレッド主はある屋外駐車場の写真を掲載している。そこには横並びで4台分の障害者用駐車スペースがあるのだが、そのスペースへの進入を防ぐかのように、すぐ手前に6台もの車が駐車している。健常者が障害者用駐車スペースに止めると罰金を科されるため、手前に止めることで罰金を逃れようとしているとみられる。しかし、これでは実際に障害者の車がやってきたとしても止めることができず、駐車スペースから飛び出しているため他の車の通行の妨げにもなっている。これにはスレッド主も「駐車方法が新しすぎる!」と開いた口がふさがらない様子だ。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「言葉もない」
「写真に撮って通報しないと。そろいもそろってひどすぎる」
「あんな違法駐車は撤去するのが一番」

「障害者の駐車を邪魔したら罰金がもっと取られるはず」
「障害者用スペースに駐車したら10万ウォン、障害者用スペースの駐車妨害は50万ウォンになりまーす」
「外見だけ人間でも意味がない。性根が腐ってる」

「韓国のような国家レベルに障害者用の駐車スペースがあるだけでもスゴいこと。それを順守する意識レベルになるには数百年はかかるだろうけど…」(翻訳・編集/松村)