「グーグル・ホーム」のWebサイト(https://home.google.com/)。デザインは「アマゾン・エコー」よりも親しみやすい印象だ

写真拡大

「アマゾン・エコー」は
隠れたヒット商品に成長

 うわさ通り、グーグルがアマゾン・エコーの競合製品「グーグル・ホーム」を発表した。

 アマゾン・エコーは、家庭用のAIアシスタントだ。円筒状のデバイスで、「アレクサ」と話しかけて操作する。ウィキペディアに載っているような情報を尋ねたり、今日の天気や道路の混み具合を聞いたり、音楽をかけたり、家の中のIoT製品をコントロールしたりできる。

 アマゾンは、このエコーを2014年に限定的に発売したところ、着々と人気を得て、そのうち隠れた大ヒット製品に成長した。5月18日時点で3660件以上のレビューがあり、星の数は5つ中4.5と、かなり評価が高い。

 こうした製品は、グーグルやアップル、あるいはマイクロソフトから出てきそうなものだが、それをスマートフォンもAIアシスタントも持たなかったアマゾンがいち早く発売したことで、他社は不意をつかれたというかたちだった。遅ればせながら競合製品が開発されても、少しも不思議ではないのだ。

 さて、グーグル・ホームはこのアマゾン・エコーと比べて何が異なるか。

 まず、外観は一回り小さく、丸みを帯びたかたちで、エコーのスマートでやや冷たいイメージとは違っている。色を選べるようになっているところもおしゃれだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)