画像

写真拡大

 アシックスジャパンと、カルチュア・コンビニエンス・クラブが、包括的業務提携に基本合意した。アシックスジャパン運営の店舗にTポイントサービスを導入するとともに、共同事業について両社で企画・開発を検討していく。

 アシックスジャパンと、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は、包括的業務提携について基本合意した。

 アシックスグループは、中期経営計画「ASICS Growth Plan(AGP)2020」のコア戦略の「DTCマインドへの転換」※と「顧客基盤の拡大」を目指し、顧客との直接的なコミュニケーションを重視したマーケティング活動を推進している。

 一方、CCCは、5800万人が利用する「Tポイント」を核としたデータベース・マーケティングや、生活提案型商業施設の企画等を展開。新しいライフスタイルを提案している。

 今回の基本合意を受け、アシックスジャパンが運営する店舗にTポイントサービスを導入するとともに、新商品や店舗、サービスなどの共同事業について企画・開発を検討していく。

※DTCマインドへの転換:商品企画から販売まですべてのプロセスを、顧客と直接的なコミュニケーションが可能なDTC(Direct to Consumer:直営店および自社運営のEコマースの総称)起点に転換すること。

MarkeZine編集部[著]