日本は現在、先進技術実証機X2を開発中だ。X2はこのほど初飛行に成功したが、X2の開発具合に大きな関心を抱いてきた中国では、初飛行さらには今後の開発に関する報道が溢れており、その量からも中国における関心の高さを知ることができる。(イメージ写真提供:123RF。F−22戦闘機) 

写真拡大

 日本は現在、先進技術実証機X2を開発中だ。X2はこのほど初飛行に成功したが、X2の開発具合に大きな関心を抱いてきた中国では、初飛行さらには今後の開発に関する報道が溢れており、その量からも中国における関心の高さを知ることができる。

 X2は中国では「心神」という通称で呼ばれることも多いが、中国メディアの駆動之家は、ステルス性能を持った戦闘機の開発に成功したのは米国、ロシア、中国に次いで日本が4カ国目だと紹介。日本がステルス性能を持つ戦闘機の開発を行う理由は米国を中心とした次世代戦闘機開発に日本も参加するためと分析している。

 ステルス戦闘機の開発は非常に高額な研究費用と時間が必要となる。米国が開発中のステルス戦闘機F35は開発費が膨れ上がり続け、米国防総省史上でもっとも高コストの兵器だとされている。記事は米国を中心とした次世代戦闘機開発に参画することを目的に、日本はX2の開発を進めているのではないかと分析した。

 一方、中国ではX2の開発は米国が日本に課す制限から脱却するためだと主張する意見もある。米国はF-22など最先端技術が搭載された戦闘機を日本に売ろうとはしないとし、可能な限り強い兵器を持ちたい日本は独自でX2の開発を進め、独自の戦闘機を開発する野心を持っているという主張もある。

 日本が開発しているX2は先進技術実証機であり、このまま戦闘機として完成するわけではない。X2で得たデータを基に今後日本がステルス戦闘機を独自で開発するのか、他国と協力するのかが決定される。共同開発するにしても、まったく技術のない状態では開発に携わることは難しく、日本政府がどの様な決定を下すかは今後の状況次第だが、技術力を高めることは日本の国益に繋がるとの判断のもとでX2の開発は行われたはずだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF。F-22戦闘機)