一昔前ならアッシー(送迎用男子)にメッシー(飲食用男子)、それに続いてセフレ(セックス用男子)にソフレ(添い寝用男子)……と、いつの時代も多くの男子を手の平の上で転がせるわがままガールがいるもので。

中には「相手に会計の全てを払わせたり、体だけの関係だったりなんて無理だよ」と思っている女性も多いはず。

しかし! そんな一見シャイのような女性ですら、最近では新しい“●●用男子”を所有しているという情報をキャッチ!

そこで今回は『Menjoy!』で行ったアンケートなどを参考に、「405人中200人の女性が所有している“●●用男子”」についてご紹介します。

 

■新たな覇権“キスフレ(キス用男子)”の登場

“キスフレ”と聞いて、首を傾げる女性もいれば、「なんだ、“キスフレ”か……」と思った女性がいることでしょう。

“キスフレ”とはキスフレンド、その名の通り「セックスはしないけど、キスまでする相手」のことです。

セックスと違いキスはちょっとしたはずみでできてしまいますから、仕事の先輩や彼氏の友達など、盛り上がってつい……という状況から“キスフレ”になってしまった女性も少なくないはずです。

実際、女性だけの完全匿名コミュニティ『GIRL’S TALK(ガールズトーク)』では、3割以上の女性が「“キスフレ”がいる(いた)」と回答。意外と“キスフレ”を所有したことのある女性って多いんです。

 

■49%もの女性が“キスフレ”経験あり!

そこで『Menjoy!』が20代〜30代の女性405人を対象に「彼氏じゃない男性とキスしたことありますか?」というアンケートを独自に行った結果、なんと405人中200人(49%)が「キス経験あり」と回答!

その“キスフレ”との立場に関しては、「男友達」が圧倒的に多く、次いで「職場の上司・同僚」「仕事関係の男性」となりました。身近すぎるところに“キスフレ”が生息しているわけですね……!

 

■1割しか恋に結びつかない

しかし、意外にも現状はシビアなもので。“キスフレ”とのその後の関係について調査したところ、「特に関係に変化なし」(71%)、「気まずくなって疎遠になった」(17%)となり、「その後付き合い始めた」という回答は約1割(11%)という悲しい結果に。

また、“キスフレ”を所有する女性も最初からその関係に納得しているのか、

「他の人には言わないが、2人の中ではネタ扱い」

「お酒の席でのことと割り切っている」

「お互いに好きな人はいたので」

といった、実に余裕のあるコメントが寄せられました。

 

意外と市民権を得ている“キスフレ”……もしかしたら同僚や友人はすでに“キスフレ(キス用男子)”を所有しているかもしれませんね。

しかしその関係にのめり込み過ぎるのは危険です!

様々な場面に合った“●●用男子”と楽しむのはけっこうですが、ちゃんと使用上の注意をよく読み、用法・用量を守り正しくお使い下さい。

でないと惚れた弱みなどで立場が逆転し、いつの間にか所有される側になってしまうかも……ッ!

 

【関連記事】

夏前に知っとけ!男性の生ボイス「理想の体重&おデブ厳禁パーツ」

※ デキるけどモテない!? 「ハイヒール女子」に対する男のぶっちゃけ3つ

※ 気付かナイ女子多発!男がセフレだけにする「3つのナイ」とは

※ ついに目が覚める!ダメ女必見「ダメンズと別れられる名言」3つ

※ 安物で押し通す予定!本妻ブチギレの「不倫男」愛人へのデレ行為

 

【姉妹サイト】

※ アクセダサ子は卒業!「センスいい」と思われるアクセ選びのコツ6つ

※ 働くママがもう一度「あの仕事服を着るための」超簡単ながらダイエット

 

【参考】

※ 男女の新たな関係!? キス専用パートナー「キスフレ」とは - Menjoy!

※ えっヤリまくり!? 「彼氏未満の男性とのキス」経験者は●%と判明 - Menjoy!