全35品!あらゆるエビ料理を揃えた専門ビストロ「R SHRIMP」新宿にオープン

写真拡大 (全4枚)

エビ好き女子必見のビストロが新宿に登場!

2016年5月13日(金)、新宿東口にオープンした「R SHRIMP(アールシュリンプ)」は、あらゆる調理法で提供するエビ料理が全35品も揃うエビ専門ビストロ。カナダから空輸で直送する最高品質のロブスターをはじめ、オマールエビ、伊勢海老、車エビ、桜エビなど、さまざまなエビを多彩な調理法で味わいつくせる。

炭火焼、カルパッチョ、フライなど、そのエビが持つ魅力を活かしたバラエティ豊かなメニューや、高価なエビをリーズナブルな価格でたっぷりいただけるのが嬉しい。

賑やかな新宿歌舞伎町というロケーションながら、高層階で静かな空間が広がるのも魅力のひとつ。デートや女子会など、いろんなシチュエーションでエビ三昧のビストロメニューを味わいたい。

エビ好きならハズせないのが、生で食べられるエビを揃えた「3種の海老 食べ比べ」(1706円)。こちらはオープニング特典として、5月20日(金)から30日(月)まで半額の853円で提供されるそうなので、この期間にぜひ!

「一番上がニューカレドニア産『天使の海老』、真ん中がアルゼンチン産『赤海老』、一番下がコスタリカ産『蓑(みの)海老』です。下から上へ向かって食べていくと、徐々に濃厚な味になりますよ」と、広報担当の近藤さん。

また、面白いのが5種のビネガーと自家製の「えび塩」とでいただく、その食べ方。

ビネガーは、「メルロー」や「シャルドネ」を使ったワインビネガー、「赤ワインのかえし醤油」や「レモンオイル」、「カクテルソース」の5種。赤と白はノーベル賞の晩餐会でも使われているワイン「アウグストゥス」のものとか。

あっさりした「蓑海老」にはサッパリめの「レモンビネガー」などと、ペアリングを考えながらいただけば、味わいの変化はもちろん、エビの甘味と旨みを引き出してくれるから何倍にも楽しめそう。


いろいろなエビ料理を一度に食べたいよくばりさんには、Combo(コンボ)メニューがおすすめ。なかでも、「R SHRIMP Combo〜3種海老料理のCombo〜」(6458円)は3種類の異なる調理法のメニューが揃う一品。

例えば「オマールエビの炭火焼」は、オープンキッチンから見える水槽内の生きたオマールエビを炭火焼きにしたもの。香ばしさとともに、プリプリした食感を堪能できる。このほかにクリーミーな「ブラックタイガーのえびグラタン」や、ハーブの香りに包まれた「香草カツレツ」など、味わいの違うメニューが一度に楽しめるそう。

「オマールエビの炭火焼」や「テルミドールグラタン」などを単品で頼むと、いずれも4082円なので、多少サイズが変わってもコンボメニューはかなりおトク。


新しい食べ方にチャレンジしたいなら、「三浦野菜と魚介のセルヴェル・ド・カニュ」(1490円)に注目を。

セルヴェル・ド・カニュはフランス・リヨンの郷土料理のひとつで、フレッシュチーズがメインのソース。パンにつけて食べるのがポピュラーな食べ方だそう。同店ではアンチョビなどを加えて、魚介にも合うように仕立てたという。味のしっかりした三浦半島産の新鮮野菜との相性も抜群。

「バーニャカウダーに代わる新しいディップソースとして現在注目されています」(同)

さらに、5月20日(金)から30日(月)までは、メニューにある1万円以下のスパークリングが半額というから、この期間はさらに狙いめ。

フレンチのビストロ料理を軸に、多彩な調理法でエビのおいしさを引き出したメニューの数々。きっとお気に入りの「マイ・ベスト・エビ」料理に出会えるはず。