一日が始まる朝、実はダイエットにとって、とても有効な時間なのです。

ダイエットしたいと思っても外食はしてしまうし、職場でいただいたお菓子も食べてしまう……、運動する暇なんてないという方は、朝の習慣を少し変えるだけで痩せやすい体質に近づけるかもしれません。

今回は、筋トレや運動せずとも、一日中太らない体を作る朝活についてご紹介したいと思います。

■朝食を食べるべきタイミングは?

朝は寝ている間にエネルギー不足になっています。そのため、エネルギーを体内から作り出そうと、朝起きてすぐにはダイエットの大敵であるコルチゾールというホルモンが分泌されています。

コルチゾールは、筋肉からエネルギーを作り出しますが、筋肉量は基礎代謝量に比例するので、コルチゾールを過剰に分泌させると太りやすい体質になってしまうのです。さらに、空腹状態が長時間続くとコルチゾールの分泌が増すだけでなく、次の食事での血糖値が急激に上がりやすくなり、脂肪の吸収を促進してしまいます。

上記のことから、起きてから30分以内に朝食を摂るのがお勧めです。

■朝食には何を食べるといい?

朝食を、パンだけにしたりフルーツだけにしたり、顆粒のスープだけにしたりすると血糖値の上昇を促進させてしまうので、食事のバランスに気をつけましょう。

朝食は、寝ている間に下がってしまった代謝を上げたりエネルギーを補充するためにも大切。そこで例えば、具沢山の味噌汁と納豆ごはんなどの、お腹を温め食物繊維やタンパク質、糖質を補充してあげるメニューがお勧めです。洋食だと、具沢山ポトフとゆで卵、ライ麦パンなどもお手軽でよいでしょう。

毎日献立を考えるのは大変なので、パターン化してしまうと続けやすくなりますよ。

■朝は必ず“白湯を飲む”のがお勧め

日中は代謝を上げて食べた物をしっかり燃焼しながら、さらに要らない物を排泄して、エネルギッシュに過ごしたいですよね。そんな体質を作るには、朝白湯を飲むのがお勧めです。

内臓が温まるとデトックス効果が高まります。消化器系統が温まると胃腸が正常に動き、便秘解消にも役立ちます。また腎臓が温まることで水分代謝が上がり、浮腫みの改善や毒素の排泄にも役立ちます。

朝一番に、白湯を飲みましょう。詳しくは、「毎朝1杯…芯からポッ!漢方のプロ流“白湯の飲み方&アレンジ”」を参考に。

■痩せたいなら!足裏を刺激すると効果的

ナチュラルハイジーンというアメリカの生命科学の理論では、朝は排泄の時間とも呼ばれています。そんな毒素を排出するのに絶好の時間に身体を刺激すると、ダイエットに有効に働きます。

中でも特に、足の裏を刺激するのが効果的。足の裏には各臓器とつながる反射区が存在します。特に足の裏の土踏まずの辺りには、腎臓や膀胱のツボが集中しています。下半身太りや顔がむくむなどの症状がある人は、朝起きた時にゴルフボールを、最低でも1分間踏んでみましょう。日々の歯磨きタイムなどに取り入れるのがお勧めです。

どれも無理せず、簡単に始められるものばかりです。難しいことをして3日坊主になっては意味がありません。毎朝できることから始めてみましょうね。