21日、千龍網は記事「旅客機で乗客が現金1000ドルを紛失、フライトアテンダントが機転を利かして賊をおびき出す」を掲載した。20日午後、中国海南省三亜市発北京市行きの中国国際航空機で窃盗犯が捕まる事件があった。現場写真。

写真拡大

2016年5月21日、千龍網は記事「旅客機で乗客が現金1000ドルを紛失、フライトアテンダントが機転を利かして賊をおびき出す」を掲載した。

【その他の写真】

20日午後、中国海南省三亜市発北京市行きの中国国際航空機で窃盗犯が捕まる事件があった。童話作家の鄭渊潔(ジョン・ユエンジエ)氏がSNSでその一部始終を伝えている。北京空港に着陸すると、機内放送が流れ乗客は席を離れないようアナウンスされた。機内で持ち物を紛失した乗客がいるのでお待ちくださいとという内容だ。まもなく警官が乗り込んできた。

警官はわずか30分で窃盗犯を見つけ逮捕した。鄭氏はフライトアテンダントの機転が素晴らしかったと称賛している。放送と警官の姿に慌てた窃盗犯が不審な動きを見せ、逮捕につながったという。(翻訳・編集/増田聡太郎)