マイ定番スタイル vol.20 無印の「パルプボックス」で紙類をスッキリ収納

写真拡大

無印良品、IKEAなどに代表される、親しみやすいブランドのアイテム。シンプルなデザインの定番モノを、オリジナルのスタイルで住空間に取り入れるコツを紹介していきます。


東京都在住、平野さん宅で見つけた「マイ定番スタイル」。

無印良品の「硬質パルプボックス」です。

無印良品収納硬質パルプボックス1硬質パルプボックス・引出式・深型
約幅25.5×奥行36×高さ16cm 1,890円(税込)
無印良品ネットストア

もらった手紙、ハガキ、捨てたくないパンフ、旅行時の切符などの紙類や、CDなどを入れています。頻繁に見返すことはないそうですが、残しておきたいものはここに収納しているそう。

家中の細々したものはすべてこの棚のボックスに集約し、バラバラさせないのが平野さん流の収納スタイル。

無印良品収納硬質パルプボックス2

無印良品の収納棚に、ぴったりと収まっています。

無印良品収納硬質パルプボックス3
無印良品収納硬質パルプボックス4

同じボックスが、これまた無印良品のテーブルにも収納されています。落ち着いた色で、蓋が開けやすく、角のないやさしいデザインが気に入っているそうです。

思い出や愛着があって捨てるのが嫌な紙類や、CDを入れています。中が見えない箱だから、並べて収納するだけでなんとなく統一感が出るというか、サマになるところが気に入っていますね。中のものは、いつかアルバムにまとめたいなと思っています。(平野さん)


20160520_roomie_muji2ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・長方形・ハーフ・小 約幅18.5×奥行26×高さ16cm
800円(税込)
無印良品ネットストア

さらに、キッチンでは無印良品の「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス」も活用しています。

偶然ぴったりサイズだった作りつけの棚に、乾物やレトルト食品を入れているそうです。

無印良品ポリエステル綿麻混・ソフトボックス1
無印良品ポリエステル綿麻混・ソフトボックス2

中がポリエステルでツルツルしているので、汚れてもすぐに拭き取れます。角がなくソフトな触り心地なので家具が傷つかないですし、引越し時には小さくたためるのもいいですね。(平野さん)


収納ボックスを統一すれば、細かなものを入れていても、統一感が出るんですね。それに、収納場所はここだけと決まっていれば、どこを探せばいいか迷うこともなさそうです。

「マイ定番スタイル」バックナンバー

無印の「ステンレスワイヤーバスケット」でクロゼットに統一感を
無印の「整理ボックス」を並べて見せるキッチン収納に
IKEAの「S字フック」でディスプレイと収納を楽しむ

その他のマイ定番スタイルも、ぜひご覧ください。


みなさんの「マイ定番スタイル」も募集しています。

応募方法は、インスタグラムやツイッターでハッシュタグ #ルーミーマイ定番スタイル をつけて写真を投稿するだけ。詳細は以下の記事からご確認ください!

無印良品やIKEAなど「定番アイテムの使い方」アイデアを募集しています