通常の3倍…重量200グラムの巨大卵産まれる/台湾・台南

写真拡大

(台南 22日 中央社)台南市西港で20日、林施素霞さんが飼育するニワトリが重量200グラムの巨大卵を産み、話題となっている。

林施さんは、ガソリンスタンドを経営する傍ら、ニワトリを飼育し、卵を親しい人に販売。20日もいつもと変わらず飼育場所に向かうと、目に飛び込んできたのは1匹が今まさに卵を産もうとしていた瞬間だった。通常、1〜2秒ほどで“出産”するのだが、この日はどうやら難産の様子。

じっと観察していたところ、約5分後の格闘の末に出てきたのは通常の3倍はある巨大卵。ギネス記録に登録された205グラムにはわずかに足りなかったが、その姿は圧巻。巨大卵を産んだニワトリは出産時に負傷し、現在大事をとり休養中だ。

噂を聞きつけ、すでに多くの人から購入の申し出があったそうだが、林施さんはこのまま保存することに。この日はちょうど蔡英文総統の就任日にあたり、西港を来訪した際には殻にサインしてもらいたいと話している。

(張栄祥/編集:齊藤啓介)