痛めた右手にサポーター 川村昌弘は2打届かず4位(撮影:ALBA)

写真拡大

<関西オープン 最終日◇22日◇橋本カントリークラブ(7,127ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「関西オープン」はツアー初出場のチョ・ビョンミン(韓国)がトータル6アンダーで優勝。初出場初優勝は1973年のツアー制度施行後4人目(招待外国人選手除く)の快挙となった。
ど派手なデビューを飾ったチョ・ビョンミンは仲間から…
 1打差の2位タイには近藤共弘と、首位から出たが5つスコアを落としたスコット・ストレンジ(オーストラリア)、2打差の単独4位にはモーリシャスから強行軍で出場した川村昌弘が入った。連覇を狙った片岡大育はトータル4オーバー23位タイで競技を終えた。
主要選手のコメント
チョ・ビョンミン(トータル6アンダー優勝)
「ツアー初出場で初優勝して、まだ実感がない。信じられない気持ちです。出場できただけでうれしいので。これから日本ツアーに全部出ます。韓国と日本ツアーが重複する時は日本ツアーを優先したい。楽しく過ごすことが1番だと思っています。残りの試合もたくさん残っていますが、楽しくプレーできて優勝できたら嬉しい」
川村昌弘(トータル4アンダー4位)
「ビッグチャンスでしたね。(右手のサポーター)昨日の2番ホールで痛めたのが酷くなってしまいました。1〜2打差くらいなんだろうなと思ってゴルフをしていました。すごい良いチャンスもつけることなく、ラッキーがあるわけでもなく。良い集中力だったとは思いますが、正直何かスイッチが入る感じではなかったですね。勝つ時は何かスーパーショットなどがあるので」
塚田陽亮(トータル3アンダー5位T)
「がっつりいくと簡単にボギーが打つホールロケーションでしたので、欲を言えばきりがないですが、アンダーで回れて良かったです。昨年はスイング改造をして苦しみましたが、今年は楽しんでプレーできてます。調子はいいので、そろそろ結果を出さないと忘れられてしまう。頑張ります」
片岡大育(トータル4オーバー23位T)
「4日間通していい感じでプレーできましたが、2日目のプレーが今から考えるともったいなかったですね。あの日のラウンドでもう少しバーディを獲っていれば…あれが敗因ですかね。ショットは全体的にいい感じなので、気持ちを切り替えて優勝できるようにまた頑張っていきたいです」

<ゴルフ情報ALBA.Net>