ルーペ、プレート、採取用カップ、スポイトが同梱。すぐに精子チェックができる

写真拡大

アダルトグッズを開発・製造するTENGA(東京都中野区)は2016年5月16日、スマートフォンのカメラで精子を観察できるキット「TENGA MEN'S LOUPE(テンガメンズルーペ)」を発売した。男性の不妊症の発見に役立ててもらおうという狙いだ。

世界の夫婦の15%は不妊で、その原因の48%は男性にあると言われる。一方で、男性不妊の認知度は低く、不妊治療に取り組むのは女性が多い。

日本産科婦人科学会によると、男性不妊の原因は、精子の数や運動が不十分な「造精機能障害」が80%を占めるが、自覚症状がなく、自力で気づくことはまずないという。そのため、病院で検査を受けようというほど危機感が持てないのかもしれない。

「テンガメンズルーペ」は、まずは自宅で手軽に精子をチェックできるようにと開発された。使い方は、最初にスマホのフロントカメラにルーペをセット。次に採取用カップにためた精液をスポイトでプレートに1滴たらし、ルーペに乗せたら準備完了だ。ビデオモードでカメラを起動すると、精子が運動する様子を見られる。

同製品は簡易的な観察キットであり、医学機器ではない。「妊活」に向けて自分の体を知る第一歩として活用し、不安があれば医療機関で本格的な精液検査を受けよう。