火星が地球に最も接近する「スーパーマーズ」が観察できる日は

ざっくり言うと

  • 約2年2カ月の周期で地球への接近を繰り返している火星
  • 31日に、地球にもっとも近づく「スーパーマーズ」が見られる
  • 火星は明るくて大きく見えるため、観察の絶好機となる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング