お客の残飯を盗み食い?

写真拡大

ママたちの憩いの場であり、主婦の社会復帰を応援する場所でもある「ファミリーレストラン」。その舞台裏では、学生から主婦まで…実に様々な年代層が集まり、毎日忙しく働いている。そこでここでは、“困ったファミレスパートあるある”を取材。実際に起きた衝撃のファミレス事件簿を紹介する。

●まさか!お客さんの残飯を…

「あの現場を見たときは、本当に驚きましたね。Kちゃんは大人しくてかわいらしい女子大生なので、1度見た時は信じられませんでした」

そう語るのは、ファミレスパート歴10年になるYさん。キッチンのベテランパートで、毎日忙しく働いている美人ママだ。

「最初は“まさか…”と自分の目を疑いましたよ。Kちゃんはホールで働いていますが、ある日、彼女が何となく周囲の様子をうかがっているので、“どうしたのかな?”と思って見ていると、お客様が残したハンバーグの付け合わせのポテトを手でつかんでパクッと食べたんです!(笑) 時間も遅かったし、よっぽどお腹が空いてたんでしょうね。でも、誰が食べたかわからない残飯を食べちゃうって、気持ち悪くないのかなぁと。その後も、デザートの残りを食べているのを見かけましたが、何となくかわいそうで注意もできなくて…。お客様に見つからないといいんですけどね〜」(Yさん)

同じくキッチンで働くTさんは、こんな光景を目撃したという。

「よく、他店のパートさんが“食材が足りないので、貸して下さい”と取りにくるんですけど、そのうちのパートさんの1人に盗癖があるというんです。見た目は普通のおばさんなんですけど、私が確認したとき、たしかにパスタソースが何個かなくなっていて…。これは間違いないなと思いました。その他にも、キッチンで普通に調味料を盗んでいる人を見かけたことがあります。いろいろいますよ…ファミレスは。そんな噂が駆け巡っても、店長はパートに甘々なのでなかなかクビにならない。その結果、彼女たちはさらに増長してしまうんでしょうね。ある意味、人に甘く、いい職場だと思いますけど(笑)」(Tさん)

最後に、ファミレスパートに向いている人はどんな人なのか、ベテラン2人に聞いてみた。

「仕事ができるできないよりも、人間関係でうまく立ち回れるかどうかが大切。あと、怒られても鈍感にその場をやり過ごし、あまり気にしない人が向いていると思いますね。仕事ができる人ほど、早く辞めていくような気もします」(Yさん)

「まずは、パートのドンを味方につけることですね(笑)。あとはとことんポジティブな人が向いていると思います。ミスして叱られて、イチイチ落ち込んでいるようでは、到底務まらない世界だと思います」(Tさん)

鈍感力とポジティブさ…どんな主婦パートでも、大切なキーワードなのかもしれない。

(取材・文/ワタベマキ)