【心理テスト】好きなアロマの香りでわかる五月病度

写真拡大

 環境に適応できず、うつ状態になる「五月病」。ゴールデンウィーク明けから症状が出始めるといわれています。気分がすっきりしないし、やる気がない……もしかしたら、それは五月病かもしれません。私は大丈夫と思っている人ほど要注意! 心理テストで探ってみましょう。

【質問】
 気分が浮かないあなた。部屋にアロマを焚くとしたら、どの香りにする?

A:グレープフルーツ
B:ミント
C:ラベンダー
D:ローズマリー

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
「あなたの五月病度」
 心を癒やし、気分を変えてくれるアロマの香り。アロマの効能や香りのイメージから、あなたの五月病レベルがどれくらいなのかがかります。

■A:グレープフルーツ……五月病度10% 五月病知らず
 グレープフルーツのアロマ効果はリフレッシュ。また、さわやかでみずみずしい香りが前向きな気持ちにさせてくれます。このアロマを選んだあなたは、気分が落ち込んでいても、すぐに立ち直ることができる人。多少頑張りすぎても、心の状態を持ち直せるのです。五月病になりにくい体質といえるでしょう。

■B:ミント……五月病度40% 五月病予備軍
 清涼感のある香りが印象的なミント。感情を落ち着かせ、頭をすっきりさせてくれます。ミントの香りを選んだあなたは、五月病に近い状態。気分や天候によって、身体が重く感じてしまうのでしょう。このままでは気分が上がらず、ダラダラと毎日を過ごしてしまいそう。すぐにストレスを発散しに出かけるといいでしょう。

■C:ラベンダー……五月病度70% 五月病になりかけ
 心を癒やすアロマといえば、ラベンダー。ストレスを取り除き、心の緊張を解きほぐす効果があるといわれています。ラベンダーの香りを選んだあなたは、五月病になりかけの状態。新年度がはじまってから、「活躍しないと」「印象よくしないと」と、頑張りすぎてしまったのでしょう。今は自分のペースで、できることだけを頑張りましょう。

■D:ローズマリー……五月病度90% 年がら年中五月病
 精神的疲労や、無気力状態から立ち直らせてくれる香り、ローズマリー。この香りを選んだあなたは、年がら年中、五月病にかかっている状態。やる気がなく、いつもぼーっとしていませんか? 気持ちの切り替えがうまくできず、なんとなく毎日を過ごしているようです。このままでは、やる気がなくなってしまいます。ストレスの原因から、今すぐ離れましょう!

 五月病は、強いストレスや、精神的につらい状況に耐えられなくなり、心や身体に症状があらわれます。回復するには、気分転換とストレスの原因をとること、完璧主義をやめること。頑張るのもほどほどにして、リラックスしましょう。
(咲羅紅)