顔色を輝かせてくれるコスパ最強のハイライター

写真拡大

この時期、米国では学校が年度末。テストやイベントに追われ、今は1年で一番忙しいシーズンです。5月から6月にかけてある卒業式の前には「プロム」と呼ばれるパーティーがあるのですが、大学生、高校生のみならず、中学生でも"プロムもどき"があります。

友だちの息子さんが通っていた中学校は、夜に学校でディスコパーティがあり、子供オンリーだったそうです。ちゃんとドレスコードもあり、化粧ばっちり&足元はヒール、という女の子も多かったとか......。

もしかしたら、お手頃な値段で買えるドラッグストアコスメで、精一杯オシャレをしているのかな―、と思うと微笑ましい気分になります。

欠点を隠してツヤを出してくれる

ドラッグストアコスメはたしかにお手軽で侮れないのですが、デパートで買えるコスメと比べて、質が劣る部分もあるのも事実。コスメの欠点を若さでカバーできるお年ごろであればいいのですが、私なぞ40代後半女性ともなるとそういうわけもいかず、いかに欠点を隠して、きれいにみせるか、がメイクの大事なポイントの一つとなってきます。

「欠点隠し」かつ「艶出し」で私が最近はまっているのが、BECCAというブランドのハイライター「BECCA Shimmering Skin Perfector Pressed」(38ドル)。色は6色あるのですが、個人的に気に入っているのはジャクリン・ヒル(Jacly Hill)とのコラボ製品であるChampagne popです。

ジャクリン・ヒルはメイクアップアーティスト。自身がメイクアップで使っているコスメやブラシなどのグッズを紹介しながら、化粧テクを披露する彼女のYoutubeは大人気。彼女が紹介した製品は売り切れてしまうそうです。

化粧の色使いは肌の色が違う我々日本人とはあわないところもありますが、彼女のYoutubeは見ていて楽しいですし、役立つことたくさんあります! デパートなどのコスメカウンターにいかなくても、この動画をみていれば、家にいながらにしてコスメテクをマスターできちゃいます。

さてこのハイライター、ブラシをつかって頬や鼻筋、額などにのせると顔の色が輝いて見えます。ほんとにキラキラ感が増します(笑)。ただそれだと私のお年ごろにはあまりに輝きすぎて、逆にシワとかが目立ちそうな感じなので、私はもっぱらアイシャドウの仕上げとしてかるく眉の下にブラシでのせています。それだけでも顔全体が明るい感じになり、上品さすら感じます。

前回紹介したメイベリンのアイシャドウパレット(参考:あなどれない!メイベリンのアイメイクパレット 組み合わせでこんなに遊べるなんて...!)を使った後にこれを加えると、バッチリですよ。

貧血気味だったり疲れ気味だったりして、顔色が暗いと感じるときは、アイメイクのみならず、頬骨の上にも少しだけのせています。

セフォラで売っていたのですが、店頭でこの色は売り切れ、オンラインでもやっと手に入れました。一時期のブームは去ったので前よりは手に入りやすくなったとは思います。

「BECCA Shimmerring Skin Parfector」はリキッドタイプもあります。ジャクリン・ヒルとBECCAコラボのハイライターパレットが6月に出るらしいです。きっと即完売だろうでしょうが、なんとしてでも手に入れたい品です!

吉野アグネス2000年渡米。二人の女の子の母。趣味は新聞ななめ読みと面白いニュースを探すこと。最近興味があるのは活動休止後のOne Directionの行方とAmerican Ballet Theaterのプリマ、Misty Copland、共和党の大統領候補戦