米がSNSが精神に及ぼす影響を調査 利用者の25%がうつ病になる

ざっくり言うと

  • 米大学医学部の研究チームは、SNSが精神に及ぼす影響について調査を実施
  • SNSの利用頻度が高ければ高いほど、うつ病になりやすいことがわかった
  • 調査対象となったSNS利用者の25%が、うつ病になる可能性が高いとされた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング