スコアを落とすも首位をキープして後半に入ったストレンジ(撮影:ALBA)

写真拡大

<関西オープン 最終日◇22日◇橋本カントリークラブ(7,127ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー「関西オープン」の最終日。単独首位からスタートしたスコット・ストレンジ(オーストラリア)は前半で3つスコアを落とすもトータル7アンダーで首位をキープして後半に入った。
ベテランから若手までタレント豊富!男子ツアーフォトギャラリー
 1打差の2位にはチョ・ビョンミン(韓国)。トータル5アンダーの3位に川村昌弘がつけている。トータル3アンダーの4位タイには塚田陽亮、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)。トータル2アンダー6位タイに武藤俊憲、今平周吾、近藤共弘、朴ジョンウォン(韓国)が続いている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>