12年ぶりの戴冠…ルーニー「僕ら全員に強い気持ちがあったからこその優勝」

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドは21日、クリスタル・パレスとのFAカップ決勝を2-1の勝利で飾り、12年ぶりのFAカップ王者に輝いた。ユナイテッド主将のイングランド代表FWウェイン・ルーニーが歓喜した。

▽12年ぶり12度目の優勝を目指したユナイテッドは、0-0で迎えた後半にリードを許すも、MFフアン・マタのゴールで同点。迎えた延長戦ではDFクリス・スモーリングが2度目の警告で退場となるも、MFジェシー・リンガードのゴールで得た1点のリードを守り切り、12年ぶりの戴冠を果たした。

▽2012-13シーズンのサー・アレックス・ファーガソン政権後初のタイトルを手にしたルーニーは、マンチェスター育ちのリンガードの活躍を称えつつ、「特別な瞬間」と久々のトロフィー獲得の余韻に浸った。クラブの公式サイトが伝えている。

「プレミアリーグにとっても良い効果があると思う。クリスタル・パレスは素晴らしいチームだった。タフな試合だったけれど、耐えて、ジェシーが素晴らしいゴールを決めてくれたよ。マンチェスター出身の彼にとっては、最高のフィーリングだったんじゃないかな」

「厳しい形でシーズンを終えたけれど、今日は全員がハードに戦った。僕ら全員に強い気持ちがあったからこその優勝。だから、とても嬉しい。特別な瞬間だ。(FAカップは)子供の頃から見ていた大会だし、これまでに2度決勝で負けていたから、今夜は優勝の余韻に浸りたいね」

「(ユナイテッドが最後に優勝してから)しばらく時間が空いてしまったけれど、ファンの皆にとっても素晴らしい結果になった。最高だね。トロフィーの獲得はサポーターの皆の気持ちも上げてくれる」