BMW製の現行MINIに乗っている人の中にもオリジナル・ミニに憧れている方もいると思いますが、大半はBMWというブランドへの信頼、性能を評価して最終的に選択しているのではないでしょうか?

1

もちろん、ほかとは違うデザインや走りなども大きな決め手になっていると思われますが、いまや基本となる3ドア、5ドアをはじめ、クラブマン、クロスオーバー、ペースマンのほか、ジョン・クーパー・ワークスなど多彩な仕様があり、多様なニーズに応えるMINIファミリーが構築されています。

新型に移行したMINIコンバーチブルは、2015年の東京モーターショーでワールドプレミアされたモデル。04年の初代、09年の2代目に続く3代目。

4シーターの小型コンバーチブルモデルはいまや貴重な存在で、フィアット500C(全長3570×全幅1625×全高1515mm)が最もコンパクト。ただし、セミオープンという屋根の開き方からするとコンバーチブルといいきっていいのか微妙なところ(車名のCにはキャンバストップやコンバーチブル、カブリオレの意味も込められていますが)。

やや大きめなところでは、VWのザ・ビートル・カブリオレ(4270×1815×1485mm)やBMW2シリーズカブリオレ(4440×1775×1415mm)くらいでしょうか。

さて、短時間なら大人がなんとか乗れてコンパクトとなると、MINIコンバーチブルが最初に頭に浮かぶわけですが、新型は全長3835×全幅1725×全高1415mmと、日本の狭い住宅街などでも取り回ししやすく、駐車しやすくなっています。

デビュー時に用意されているのは、1.5Lの直列3気筒ターボを積む「MINI Cooper Convertible」、2.0Lの直列4気筒ターボを搭載する「MINI Cooper S Convertible」、同じく2.0Lの直列4気筒ターボの「MINI John Cooper Works Convertible」の3モデルで、いずれも6ATのみ。

価格はクーパーが342万円、クーパーSが397万円、ジョン・クーパー・ワークスが483万円となっています。

(文/塚田勝弘・ 写真/前田惠介)

新型MINIコンバーチブルは数少ないコンパクト4シーターモデル(http://clicccar.com/2016/05/22/372908/)