米国で販売されたBMW車の7分の1は「EVとPHV」

写真拡大

2016年4月におけるBMWの米国販売で、EVとプラグイン・ハイブリッドは、同社が販売したすべての乗用車のうち15パーセントを占めることがわかった。

「米国で販売されたBMW車の7分の1は「EVとPHV」」の写真・リンク付きの記事はこちら

BMWの売上げのうちで電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車が占める割合は、世界はもちろん、米国内でも増え続けているようだ。

BMWが5月13日(米国時間)に出したリリースによると、同社のEVである「i3」「i8」、そしてプラグイン・ハイブリッドである「X5 xDrive 40e」の2016年4月における米国内販売は、BMWが販売しているすべての乗用車の15パーセントを占めるようになった。より具体的に言うと、販売総数1万7,786台に対し、この3車種の販売台数は2,572台だった。

BMW製EVの半分以上は米国で販売されている。同社のハイブリッド車やEVにとって米国は、北欧や英国と並ぶ最高の市場となっているのだ。

世界的に見ると、シティカー・タイプのEVi3の販売数は、2015年4月との比較で50パーセント以上増加し、「i」シリーズ全体の販売数も、ほぼ30パーセント増えている。

ただしBMWは同じリリースの中で、米国内におけるクルマの販売数全体(EVだけでなく普通車も含む全体)が、2015年4月との比較で10.1パーセント減少したことも明らかにしている。

BMWは5月初め、i3の最大の弱点である「航続距離の短さ」を、バッテリー容量を50パーセント増やす(22kWhを33kWhにする)というアップグレードで解決すると発表した。この発表では、既存モデルにも新バッテリーを搭載できるようにするということなので、BMWの米国法人も前例に従うことになるだろう。