嬉しいけれど…ママ友たちのありがた迷惑な行動

写真拡大

育児に苦戦するママたちにとって、ママ友の存在はありがたいもの。お互いに助け合って、乗り越えていく、ある意味「戦友」でもあります。しかし場合によっては、気持ちは嬉しいけれど、ちょっと迷惑に感じることもありますよね。そんなママ友たちのありがた迷惑な行動について、ネット上の声をまとめます。

●ママ友は善意でやってくれているけれど…

そうしたありがた迷惑な想いが発生しがちなのが、物をあげるシチュエーション。親戚や知り合いから、自分たちだけでは処理しきれないほど大量の荷物が届く。捨てるのはもったいないけれど、いつまでも置いておくわけには…。あなたの家でも、よくあることではないでしょうか?

そんなとき、ママ友におすそわけするママも少なくないでしょう。自分では、「せっかくだから食べてほしい(使ってほしい)」と善意のつもりでも、ママ友にとってもそうとは限りません。なかには、「いらないものを押しつけられているようで気分が悪い」「断れなくて、いらないものまでもらってしまう」「お返ししなきゃと思ってしまう」というママ友もいるのです。

●ママ友同士、上手なもののやり取りは?

前述のように、何か物をあげる際に、自分も受け取るママ友も、お互いが嫌な気持ちにならない、上手なやり取りの方法は…?

一番良い方法は、ズバリ! 「断ってもOKの空気を作ること」。具体的には、「もらって!」という、”押しつけ”な表現は控え、「もしよかったら」「嫌いじゃなかったら」とクッションワードを添えるのがコツ。また、「いらなかったら他の人に聞いてみるよ」「誰かもらってくれそうな人いない?」なども、言われたママ友が断りやすい空気を作る工夫です。

善意のつもりでも、伝え方や言葉の選び方次第で、ママ友を嫌な気持ちにさせてしまうこともあります。ママ友付き合いは、助け合い。しかし、それを成立させるためには、お互いの気持ちの汲み取りが大切なのかもしれません。

(文・明日陽樹/考務店)