19日、韓国の動物保護団体と獣医師団体らは韓国政府に対し、劣悪な環境で犬を繁殖させる「犬工場(ペットの繁殖場)」問題の解決を求めるデモを行った。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月19日、韓国・ニューシスによると、韓国の動物保護団体と獣医師団体らは同日、韓国政府に対し、劣悪な環境で犬を繁殖させる「犬工場(ペットの繁殖場)」問題の解決を求めるデモを行った。

動物自由連帯や韓国動物病院協会など18団体は同日、ソウル市内で記者会見を開き、「韓国政府がペット繁殖場問題への対策を行わない理由は、現状を知らないから」と述べ、動物虐待の温床と指摘されている「犬工場」に対する調査を行い、違法業者を摘発するよう求めた。

現在、韓国政府に登録されている「犬工場」は全国に93カ所。しかし、動物保護団体らは違法に運営する「犬工場」を含めると、3000カ所を超えると見ている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「3000カ所もあるの?今もどこかで罪のない犬たちが苦しんでいるのだろう」

「無理やり子犬を産ませ、産めなくなったらすぐに殺す。これが本当に人間のすることか?」

「政府はなぜ犬たちを救出しない?」

「韓国は犬にとっても暮らしにくい国」

「法律を強化して、犬工場を撤廃してほしい。犬は弱くて言葉が話せないから、政府は見て見ないふりをしている」

「なぜ犬と猫だけを保護しようとする?他の動物も同じように保護するべき」(翻訳・編集/堂本)