20日、新浪網は記事「アストン・ヴィラ買収は中国政府?―英メディア」を掲載した。サッカー・英プレミアリーグのアストン・ヴィラは18日、中国企業へのクラブ売却を発表した。写真は新オーナーの夏建統とアストン・ヴィラのフラッグ。

写真拡大

2016年5月20日、新浪網は記事「アストン・ヴィラ買収は中国政府?―英メディア」を掲載した。

サッカー・英プレミアリーグのアストン・ヴィラは18日、中国企業へのクラブ売却を発表した。買収したのは中国のレコン・グループ。同グループの夏建統(トニー・シャー)代表は英紙ガーディアンの取材に答え、買収には複雑な手続きが必要であり、1億ポンド(約160億円)近い費用がかかったと明かした。

今後は大々的な補強を進め、今夏の移籍市場にも5000万英ポンド(約80億円)を投じる計画だという。今期最下位に終わり二部転落が決まったアストン・ヴィラだが、1期でのプレミアリーグ復帰、10年以内に世界トップ3入りとの遠大な野望を掲げている。

この野望は十分に実現可能と太鼓判を押すのがアストン・ヴィラのスティーブ・ハリス会長だ。英紙サンのインタビューに答え、中国では企業と政府が密接に関係している以上、たんなる一企業の買収ではなく中国政府の支援を受けられる、「習近平主席から注目されるようになるかもしれない」とコメントしている。夏代表もアストン・ヴィラを中国サッカーファンから最も注目されるクラブにしたいと意欲を示しているという。(翻訳・編集/増田聡太郎)