同点弾の浅野、クオリティの改善を強調「世界のレベルでは戦えない」

写真拡大

 第44回トゥーロン国際大会のグループステージ第1節が21日に行われ、U−23日本代表はU−23パラグアイ代表と対戦し、1−2で敗れた。試合後、1得点を挙げた浅野拓磨がインタビューに応えた。

 61分に同点となるゴールを挙げた浅野は、「スペースは無かったですけど、ボールが出てくればシュートまで行けるなと思った」と得点に自信があったことを明かした。その上で、「原川選手の良いパスが出てきたので、落ち着いて決めるだけでした」とアシストとなるパスを供給した原川力を称えた。

 しかしその後、パラグアイに勝ち越しゴールを許し、日本は初戦を落とした。試合を振り返って浅野は、「僕の動きの質と、パスのクオリティをもっともっとチーム全体で上げることができれば、シュートは増やしていけると思う」と課題を挙げ、「今日の試合を通じてもっと成長していかなければいけないなと感じました」と反省を口にした。

 また、後半途中から前線でコンビを組んだオナイウ阿道との関係性については、「阿道はすごくボールを収めることができる選手なので、自分も信頼して(パスを)待っている。そこの関係性っていうのは良いものがある」とコメント。その一方で、「なかなかシュートまで行けていないので、そこのクオリティも、もっともっと上げていかないと世界のレベルでは戦えない」と更なる連携強化の必要性を口にした。

 日本は23日にU−23ポルトガル代表と、パラグアイは26日にU−23イングランド代表と対戦する。