20日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人女性を妻とすることは悪夢となるかもしれないと主張する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本の結婚式。

写真拡大

2016年5月20日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人女性を妻とすることは悪夢となるかもしれないと主張する記事を掲載した。

記事によれば、日本女性は結婚相手に対する要求は高くなく、100万円ほどの準備金があれば家を持っていなくても嫁いでよいと考えており、中国女性とは異なることを紹介。しかし、日本の主婦はへそくりを大量に持っているのに、経済的に厳しくなると夫の小遣いを減らすこと、熟年離婚が急増している現状、離婚に至らなくても「卒婚」と称して別居する夫婦も多いこと、離婚式がブームとなっていることなどを紹介し、日本女性を妻とすることは悪夢の始まりになるかもしれないと主張した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「それでも日本女性と結婚したい」
「100万円の貯金があれば家がなくても喜んで嫁ぐというこの点だけで、拝金主義の中国女性よりずっといい」

「今の中国女性は日本女性より良いとは限らないよ」
「中国女性をめとることこそ悪夢」

「何もできないのに何でも欲しがる中国の拝金主義の女性を妻にすることが悪夢ではないと?」
「日本女性は中国女性よりも現実的で賢いんだと思う」

「結婚できればそれで十分だよ。どの国かなんて気にしない」
「中国女性は夢ばかり見ていて現実とドラマの区別がつかないことが問題だと思う」(翻訳・編集/山中)