写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ifの人生を生きたような不思議な体感
全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:258)では、世界中の女性を虜にし、日本でも社会現象を起こしたドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の主人公・キャリー・ブラッドショーの青春時代を描くTVドラマシリーズ『マンハッタンに恋をして〜キャリーの日記〜 2』の放送を、2016年4月よりスタートした。

本作は、『セックス・アンド・ザ・シティ』の主人公であるキャリー・ブラッドショーのはじまりの物語。1980年代のNYを舞台に、平凡な女子高生が、お洒落と恋愛が命のキャリー・ブラッドショーになるまでを描く。4月から放送開始となったシーズン2では、失恋のショックから居場所を求めるキャリーを中心に、若き日のサマンサが登場するなど、『セックス・アンド・ザ・シティ』ファンも注目のストーリーが展開する。

そこで今回は、本作の日本語吹き替え版にて、キャリー・ブラッドショーを担当する声優・沢城みゆきに、作品の魅力はもちろん、吹き替えならではの面白さなどを語ってもらった。

○沢城みゆきが語る『マンハッタンに恋をして〜キャリーの日記〜 2』

――まずはシーズン1で声をあてた感想をお願いします

沢城みゆき「基本的にドラマは、主役の人生を追いかけていくものじゃないですか。周りの人のこともたくさん描かれてはいますが、やはり彼女のお話が中心になるので、まるでドラマの出来事が自分の人生に起きたかのような不思議な気持ちになれるのが主役なんだと思いました。それだけのめり込めるストーリーで、とにかくヒロイン性のある女の子なので、あっという間に虜にされて、ifの人生を生きたような不思議な体感が残りました」

――そしてシーズン2が4月より放送開始となりました

沢城「シーズン1のときから、すでにシーズン2があるというお話は聞いていたのですが、海外ドラマは次のシーズンが日本に入ってくるかも含め、必ず吹き替え版を制作するわけでないなので、あまり期待はしないようにしていたんですよ(笑)。なので、2でもまた演じることができるのが決まったときは、本当にうれしかったです。誰一人欠けることなく全員でシーズン2に向かえるのもすごくうれしかったですし、サマンサ役で新しく入ってくれた(魏)涼子さんをはじめ、本当に素敵なキャストの方がさらに加わってくれたのも、うれしかったです」

――ちなみに、演じる前に『セックス・アンド・ザ・シティ』はご覧になったのですか?

沢城「(『セックス・アンド・ザ・シティ』の)シーズン1の第1話をとりあえず観たところで、それと同時に、『マンハッタンに恋をして』でキャリー・ブラッドショーを演じているアナソフィア(・ロブ)の前の作品や彼女のインタビューなどをいろいろと漁ってみたんですよ。そうしたら、彼女自身がキャリーの要素をすでに盛り込んでいるという話をしていまして。走る仕草とか、ちょっとした癖なんかは、彼女がきちんと演じていると書いてあったので、どちらかというと、『セックス・アンド・ザ・シティ』でキャリー役の吹き替えをなさった永島由子さんのお芝居をトレースと言いますか、癖みたいなものを継承できればいいかなって最初は思っていたのですが、それならアナソフィアのお芝居をまるっとやってしまえば、それでイコールになるのではないかと気がつき、私の『セックス・アンド・ザ・シティ』は第1話で終わりました(笑)」

――アニメ作品で声をあてるのと外画の吹き替えでは何か違いなどはあるのでしょうか?

沢城「声優界代表で答えるとなると、すごくプレッシャーのかかる質問なのですが……」

――沢城界代表でお願いします

沢城「沢城界代表で言うと(笑)、アニメは二次元なので、私たちが声を入れるまでは生き物ではない。なので、ゼロから立ち上げるという印象があるのですが、吹き替えは、三次元の息をしている人がすでに存在している状態なので、ゼロからではなく、3とか4くらいから一緒に歩み出すようなイメージです。まずは彼女が一番大事にしていることを理解し、そのうえで、日本語吹き替え版のバランスにあわせていく。そのあたりで、役との距離感が少し違うかもしれません。ただ、走りだしちゃえば同じですね。自分が演じる役と一番の友達になりたいと思ってやっているし、一番の友達が大事にしている一番の友達は、私にとっても一番の友達だと思いながら相手役のことも大事にしています。アナソフィアの場合、彼女は本当にきちんとやってくれている女優さんなので、資料としては余りある情報があり、後は私がそれをどれくらい消化できるかの勝負になっていたのでありがたかったです」

●一番大事にしているものだけを共有
――吹き替えの場合、どのあたりまでトレースすることを目指していますか?

沢城「ご縁のあったキャラクターが一番大事にしているものだけを共有したら、ストーリーの中を走って行くのはあくまでも自分の心臓なんですよ。だから、家でチェックしているときは、とにかく彼女がやっていることをきちんとトレースする。なぜここで息を吸ったのか? すべてにちゃんと理由があり、理屈があるように考えるんですけど、いざマイク前に立ったら、相手のセリフに対応していくのがメインになります。ただ、この作品に関しては、ちょっとその割合が違っていて、できるだけアナソフィアがやっていることをトレースしたいという正義でやっています。それくらい彼女がバッチリお芝居をしてくれているので、私が入り込む隙がないんですよ。ただ、きっちりトレースして、呼吸を合わせていくと、最終的には自分自身になっちゃうんですけどね」

――息遣いなどは日本とかなり違ってくるかと思いますが、やはり最初のチェックには時間をかけるのですか?

沢城「正確に言うと、時間がかかるタイプの役者さんとかからないタイプの役者さんがいます。たとえばクラスの中でも、友達になりやすい人とそうじゃない人っているじゃないですか。それくらいのラフさなんですけど、アナソフィアはすごく話しやすい子でした。彼女の恋の話は、自分の恋の話みたいに感じちゃうし、彼女が泣いたり笑ったりしているのをみると、同情して、あいつ最悪だなって一緒に言ってあげられるような、何かそういう感覚がありました」

――自分の中で消化しやすいキャラクターだったわけですね

沢城「ただ、一つのお話の中で、事件がたくさん起こりすぎるんですよ。仕事のこと、恋のこと、家のこと。その一つ一つの琴線を踏み外さないように、収録の間、集中しているのが大変で(笑)。うっかり踏み外すと、次に進めなくなってしまうんですけど、一つのことに集中すると、いろいろ忘れてしまって……。思わず踏み外してやり直しなんてこともけっこうあります」

――役によって、そのあたりは大きく違ってきそうですね

沢城「編集のされ方によっても違ってきます。息を吸った次のカットでまた息を吸っちゃっているとか。どうやって日本語吹き替えによって折り合いをつけるかは、ちょっと技術的な作業になってきますが。たとえば、男女2人が会話しているシーンだと、女の人の顔を映すときは男の人のバックショットから撮って、男の人のアップを取るために、今度は女の人のバックショットから撮ったりするじゃないですか。この2本のラインを組み合わせてドラマはできているのですが、やはり完全には同じことはできないので、どうしてもズレが生じてしまう。上手い人だと、たとえズレがあっても、何とか筋が通るのですが、どうしても上手くつながらなくて、気持ち悪いときもあります」

――そういったズレは実写の吹き替えならではという感じですが、そのあたりで、演技の自由が制限される部分もあったりするのでしょうか?

沢城「昔はあると思っていたのですが、最近はないと思っています。それこそ、吹き替えの最初のころ、『モンティ・パイソン』などの時代だと、顔なんかガイドなんですよ。意外と顔に合っているか合っていないかなんて、気にならない。本人の中でちゃんと整理ができていれば、顔を逸脱していても、実はあまり気にならないし、無理やり顔に合わせたお芝居のほうが、逆に気になるのではないかと個人的には思っています。例えば、パパと喧嘩するシーンの場合、パパの顔しか見ていないので、アナソフィアがどういう表情かはあまりよく覚えていません。シーズン1、そしてシーズン2を通して、長い期間、彼女と一緒に手を繋いで歩いてきた時間があるので、もう2人でパパに向かっていくだけなんです。顔なんかどうでもいいというわけではありませんが、とにかく今は、パパにどうしても言いたいことがあるという気持ちだけを一緒にしている感じです」

――アナソフィア云々ではなく、パパのリアクションに合わせていくような感じですね

沢城「言うなれば、パパ役の川島(得愛)さんが日本語吹き替え版で乗せてくる声に乗っかっていくだけなので、実際、ちょっと顔と逸脱しているけど大丈夫? と思うシーンも若干あります。でも、そんなのは知らないって感じで、最後まで走り切っちゃってます(笑)。なので、観ていただく方がどう思われるかはちょっと不安ですが……」

――ちなみに、口を合わせるのもあまり意識しないのですか?

沢城「もちろん意識しています。一生懸命合わせるようにはしていますが、『それは僕らが後でどうにかするので、自由にお芝居をしてください』というのが、ミキサーの手塚さんのやり方でもあるので、『じゃあ!』って(笑)。だから、絶対に嘘だけはつけない。本当にちゃんとやれよってことだと思うので、1シーン1シーン、一緒に泣いたり笑ったりするのに絶対に嘘がないようにする。それだけは一生懸命にやったつもりです」

●目を瞑っていれば実は自分の話
――沢城さん自身、外画吹き替えの面白さはどのあたりにあると思っていますか?

沢城「世界を救ったり、世界を滅ぼしたり、一世一代の恋があったり、そういった日常生活にはない心拍数の出来事を、トレースするかのように生きられるのが、この仕事の魅力だと思います。あと、技術屋として魅力に感じるのは、外国の人なのに、最初から日本語を喋っているみたいに感じてもらえるところ。金曜ロードショーや日曜洋画劇場を観て育ってきた身からすると、ジャッキーチェンが来日してインタビューで、『こんにちは』とか喋っていると、本人なのに『ジャッキーはそんな声じゃない!』って思ったりするじゃないですか(笑)。そんな魔法が外画吹き替えにはあって、やっぱり私たちにとっては石丸(博也)さんの声がジャッキーの声、アーノルド・シュワルツェネッガーは玄田(哲章)さんの声があってのシュワちゃんというように、声優という文化がある日本の、技術屋さんたちの醍醐味じゃないかと思っています。もう一言、小さい声で言わせてもらうと、もともとあるドラマよりさらにキラキラしたドラマを乗せられる可能性が日本語吹き替えにはある。原語よりも面白い吹き替えは実際にありますし、自分自身も、それを目指していきたいという思いがあります」

――やはりあの役者の吹き替えは誰々みたいな看板ってありますよね

沢城「昨今、達者な方が増えているので、役に合わせて声優が変わっていくパターンが多くなっていますが……石丸さんや玄田さんはもちろん、ジム・キャリーなら山寺(宏一)さんで聞きたいよね、みたいなことがあれば、それは本当に贅沢な声優人生だと思います。私自身、もともと映画が好きで、この人は最初から日本語を喋っているみたいだって思えるような吹き替えに憧れて、この仕事をしていたようなところもあります。なので、いつか一人の女優さんと長く年を取っていくことができれば……そんな吹き替え冥利につきることはないと思っています」

――さて、作品についてもう少しお伺いしたいのですが、シーズン2の見どころや魅力はどのあたりだと思いますか?

沢城「シーズン1は、キャリーが能動的に動いている姿が印象的だったのですが、シーズン2は、受動的にならざるをえないぐらい、周りからものすごく影響を受けてドラマが進んでいきます。とにかく、これから出てくるキャラクターはみんな個性が強いので。その中で自分がどうしたいのかを問われながら、さらに色まみれになっていく様子が、以前よりも逆に魅力的です。ピンヒールを履きながらも、満身創痍で前進していく姿が、見どころになると思います」

――キャリーについて好きなところはどのあたりですか?

沢城「キャリーのことは全部好きだけど……たくさん泣くけど、立ち止まらないところですね。あとは、少しだけ、隠れたりはするけれど、逃げるという選択しがないところ。そして結局、まっすぐ素直にしか生きられないところ。何だかんだポジティブにちゃんと温かいお味噌汁とご飯で育ててもらったんだなって思えるぐらい、すごく愛されて育った子なんだなっていうのがわかるところ。そして、世界一可愛いところ(笑)。後半辺りになると、母性があるところを加えてもいいかもしれないです。やはり長女だから泣くことが解決じゃないと思っているところ。そして、お姉ちゃんとして妹のことをすごく大事に思っているところ……」

――べた褒めですね

沢城「(笑)」

――役と一緒になって進んでいるとおっしゃっていましたが、沢城さん個人として共感できるのはどのあたりですか?

沢城「私が飲まれてしまっているのか、ドラマがよくできているのか……自分の十代を見ているようで恥ずかしくなってくるシーンがたくさんあるんですよ。たとえば、恋に関する間違い方とか……だからダメなんだってそういう人は、みたいな。自分が興味を持っている世界を生きている人がカッコ良く見えちゃうところとか、自分よりも堂々と物を言う人を見ていると、いつの間にかそれが自分の正義みたいに思えてくるけど、いざ自分がそれを振りかざしてみると、全然使い物にならなかったり。パパに対しても、パパが頭ごなしにって思っているけど、全然自分のほうが頭ごなしに物を言っているとか。そういう十代の女の子にありがちなところがすべて含まれているので、私だけではなく、観ている方もみんな、自分なのかキャリーなのかがわからなくなるんじゃないかなって思いますし、共感できるんじゃないかなって思います」

――ごくありふれた人物ではないはずなのに、意外にみんなと同じなんですね

沢城「時々、夜、ポエマーになっちゃうところとか(笑)。それほど他人の物語ではないと思います。とびきり素敵な格好をしていて、とびきり可愛いから、別世界の人に見えるけど、ひとつひとつの要素を見ていくと、本当にみんなと変わらない女の子なんですよ。ただ、とびきり可愛いだけなので、目を瞑っていれば実は自分の話なんだと思います」

――それでは最後にファンの方へのメッセージをお願いします

沢城「『マンハッタンに恋をして』というドラマのシーズン2が始まりました。シーズン1を観てくださった方は、絶対に損をさせないので、もう1シーズンお付き合いくださいと大きな声で言いたいです。こんなに可愛い女の子の話があるんだって、初めて知ってくださった方や『セックス・アンド・ザ・シティ』のような大人の話は好きだけど、あまり高校生の話は……と思っていらっしゃる方も、まったく問題なく、自分の物語としてシェアできると思います。女性からすると、ちょっと可愛い色のリップが塗りたくなったり、もう一声ふわっとしたスカートが履きたくなったり、そんな魔法にかかる輝きがあるドラマなので、まだ観ていない方は、ぜひチェックしてみてください。よろしくお願いいたします」

――ありがとうございました

沢城みゆきがキャリー・ブラッドショーの声を担当する『マンハッタンに恋をして 〜キャリーの日記〜 2』は、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて放送中。
(二)毎週月曜21:00〜21:57
(字)毎週日曜24:45〜25:35

(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
(C)Dlife

(竹間葵)