20日、このほどネット上で死亡説が出回ったチャウ・シンチーが、弁護士事務所による声明文を発表。うわさを拡散させた人物に対し、法的な措置を取る構えを見せた。写真はチャウ・シンチー。

写真拡大

2016年5月20日、このほどネット上で死亡説が出回ったチャウ・シンチー(周星馳)が、弁護士事務所による声明文を発表。うわさを拡散させた人物に対し、法的な措置を取る構えを見せた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

香港のコメディスターで映画監督のチャウ・シンチーについて、このほどネット上で死亡説が拡散された。「お笑いスターのチャウ・シンチー、香港基督教聯合医院で死亡」というタイトルのニュース記事では、 搬送先の病院で心筋梗塞により急逝し、享年54歳と記載。さらに中国国営テレビの報道番組がこのニュースを伝える様子を切り出した画像が添えられ、思わず本物かと目を疑うほどのリアルさだ。

20日、チャウ・シンチーによるエンタメ企業・比高集団(Bingo)が業務委託する弁護士事務所が声明文を発表。今回の悪質なうわさを拡散させた人物に対し、法的措置を行い、責任を徹底追及するとしている。

香港で大物スターの訃報が流れたことは過去にも多い。ジャッキー・チェン(成龍)やサモ・ハン(洪金宝)、エディソン・チャン(陳冠希)らがその犠牲になってきた。(翻訳・編集/Mathilda)