写真提供:マイナビニュース

写真拡大

都内・TAMASHII NATIONS AKIBA SHOWROOMにて21日、『機動戦士ガンダム』シリーズなどロボット作品のハイクオリティ完成品トイを展開する「METAL BUILD」ブランドより、参考出品となる「METAL BUILD ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル・ウェポン装備)」が初展示された。

「METAL BUILD」は、「GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE」シリーズで培われた開発ノウハウを惜しみなく投入し、作品のデザイン性や世代に応じた商品デザインアレンジで立体化した、最高のクオリティーのロボット完成品トイ。『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』からは、「ガンダムアストレイ レッドフレーム」や「ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ -天空の宣言-」などが立体化されている。

「METAL BUILD ガンダムアストレイ ブルーフレーム(フル・ウェポン装備)」は、劇中のキャラクター叢雲劾が搭乗するモビルスーツ「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」を、追加装備によって強化された「フル・ウェポン装備」状態で立体化。ディテールまで再現されたボディに加え、肩と脚に装着されたミサイル・ポッドや、M68キャットゥスが特に迫力の仕上がりとなっていた。

(C)創通・サンライズ