チャンス・ザ・ラッパー、その素晴らしき最新アルバムを聴く

写真拡大

2013年にリリースしたミックステープ『Acid Rap』が60万以上のダウンロードを記録したシカゴのヒップホップアーティスト、チャンス・ザ・ラッパー。待望の新作が、リリースされた。

「チャンス・ザ・ラッパー、その素晴らしき最新アルバムを聴く」の写真・リンク付きの記事はこちら

長らく新作が待ち望まれてきたチャンス・ザ・ラッパーだが、「ザ・トゥナイト・ショー」で新曲「Blessings」を披露し、最新アルバム『Coloring Book』が5月13日にリリースされると語った(原文記事は5月13日公開)。

そして昨日、近所の地下鉄で大勢のティーンエイジャーがお揃いのシャツを着て彼のポスターを貼付けているのを見て、わたしは心躍らされた。大々的に宣伝された『Coloring Book』は12日深夜リリースされ、カニエ・ウェストからジャスティン・ビーバーまで多くのミュージシャンが参加している。

アップル担当者が『Mashable』に語ったところによれば、『Coloring Book』は2週間はApple Musicでの独占配信なのだという。アルバムはミックステープサイト『Dat Piff』からダウンロードおよびストリーム試聴が可能だったが、その後削除されている(『WIRED』US版が確認したところ、どうやらチャンスの許可なくアップロードされていたようだ)。

Apple Musicを利用しているなら、このアルバムをぜひ聴いてみてほしい。というのも、2013年の『Acid Rap』に並ぶ素晴らしい作品に仕上がっているからだ。Apple Musicを利用できない、あるいは利用する気もない、という人であれば待つほかない。定額音楽配信サーヴィス「TIDAL」を使っていないがためにビヨンセの『レモネード』を聴くのを待たなければいけなかった人と同じ状況だ(こちらの場合は2日後にiTunesで配信となったので、待ち時間はそこまで長くなかったが)。

いまのところ、わたしのお気に入りは「Smoke Break」(ほかの曲も素晴らしく好きなのだが)。この曲は、いま自分が置かれた状況のために特別に書かれた曲のように思えるからだ。新しく赤ちゃんを家族として迎え入れた夫婦にとって「どのように人生が変わるのだろうか」について、歌い上げられている。チャンスに娘が誕生してから1カ月後、わたしにも息子が産まれた。チャンスと同じく、わたしも夫も、それぞれ自由な時間やNetflixに没頭する時間、そしてふたりの時間を思い出し、ときどき恋しくなることがある。それでも、世の中に素晴らしい曲やアルバムを発表するのと同じように、これは「めでたいお祝い」だ。

今朝、キッチン中に響く大音量で聴いていたのがまさにこの曲で、わたしたちはそれに合わせて踊った。夫とわたしと、そしてリズムを覚え始めたばかりの幼い息子の3人で。チャンスの歌声と夏を感じさせる風が、1日の始まりを盛り上げてくれた。

RELATED