映画『ディストラクション・ベイビーズ』柳楽優弥×菅田将暉×小松菜奈、狂気溢れる108分

写真拡大

[ この記事の画像をもっと見る ]

映画『ディストラクション・ベイビーズ』が2016年5月21日(土)に公開。監督・脚本は、新鋭・真利子哲也、主演は柳楽優弥だ。

“日本映画史上もっとも過激な108分”と掲げる本作には、注目される若手・新鋭俳優陣が集結。主演の柳楽優弥に加え、菅田将暉や小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮らが出演している。

柳楽が扮するのは、路上でいきなり見知らぬ人間に殴りかかり、ストリート・ファイトを繰り返す野獣のような若者。その異形のオーラとカリスマ性に惹きつけられ、共に凶行に及んでいく“恐るべき子供たち”を菅田らが演じる。愛媛県松山市でオールロケを敢行した作品は、衝撃の青春映画となっている。

監督の真利子哲也は、新鋭ながらすでに高い評価を得る鬼才。『極東のマンション』など初期の自主映画で話題となり、東京藝術大学大学院の修了作品『イエローキッド』が劇場公開。大ブレイク直前のももいろクローバーが出演した怪作『NINIFUNI』は国際映画祭で特別上映されるなど、そのエッジーな作風に国内外で評価されている。

■ストーリー
愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所のプレハブ小屋に、ふたりきりで暮らす芦原泰良(柳楽優弥)と弟の将太(村上虹郎)。日々、喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す――。それからしばらく経ち、松山の中心街。強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、逆に打ちのめされても食い下がる泰良の姿があった。
街の中で野獣のように生きる泰良に興味を持った高校生・北原裕也(菅田将暉)。彼は「あんた、すげえな!オレとおもしろいことしようや」と泰良に声をかける。こうしてふたりの危険な遊びが始まった。やがて車を強奪したふたりは、そこに乗りあわせていたキャバクラで働く少女・那奈(小松菜奈)をむりやり後部座席に押し込み、松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を捜すため、松山市内へとやってきていた。泰良と裕也が起こした事件はインターネットで瞬く間に拡散し、警察も動き出している。果たして兄弟は再会できるのか、そして車を走らせた若者たちの凶行のゆくえは――。

【作品情報】
『ディストラクション・ベイビーズ』
公開日:2016年5月21日(土)
監督・脚本:真利子哲也
脚本:喜安浩平
音楽:向井秀徳
出演:柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮、北村匠海、三浦誠己、でんでん
©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会