【マジか】歴代最も優秀なiPhoneはどれ? 全製品をガチンコ対決 → 「SE」がかなりイイ感じ!! 「6s Plus」はチョット面目丸つぶれな結果に

写真拡大

iPhoneの最新フラッグシップモデルといえば、売れ行き不調と言われようが何と言われようが「6s Plus」なはず……! だがここに来て、かつて廉価版と言われた「SE」の人気がジワジワ来ているのを皆さんもご存知だろう。

SE人気はやっぱり小ささ? スペックは「6s」や「6s Plus」に劣るということになっているが、本当にそうなのだろうか? そんな疑問を解決するある動画が話題となっている。動画のタイトルは「Every iPhone Speed Test Comparison 2016!」だ。

・iPhone13台を比べてみた

動画を確認すると、ズラリと13台のiPhoneが並べられている。左から iPhone SE、6s Plus、6s、6 Plus、6、5s、5c、5、4S、4、3Gs、3G、2G(初代)だ。初代 iPhone は日本では未発売なので初めて見る人もいるかもしれない。

まずは基本の起動スピードテスト! 同時に電源を入れて、一番最初に起動したのは……なんと SE だ! 続いて 6s PLUS 、6s が続き、やや間があいて6が起動した。ちなみに一番遅いのは初代iPhoneかな、と思いきや、7番目と健闘。4が一番最後という結果になった。

・SE、やるじゃん!! 他のテストでも好成績

続いて、CPU の処理性能を計測するベンチマークテストでも SE が一番! Wi-Fi スピードテストでは6s勢にやや届かなかったものの、なかなかいい数値を叩きだしている。スピーカーやカメラのテストも行われたが、SE は 6s 勢とほぼ互角。項目によっては、それを上回る結果を出していた。

・大きい画面にこだわらないならSEが買い?

発売前後に、廉価版だとか、中身はほぼ iPhone5s だとか言われていた iPhoneSE 。しかし、この動画を見てみると、小さなボディになかなかのパワーを秘めていると言えるのではないだろうか? 

単に「手に収まるサイズのものを!」という需要に合わせて発売されたんじゃなかったんだなぁ!! フラッグシップモデルという名誉&大きな画面こそないものの、iPhone SEは、十二分に戦えるスマートフォンだと言えるだろう!

参照元:YouTube、Softpedia(英語)
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る