吉田羊の美貌は「誰でもなれるレベル」と高須院長。そうなの!?
 美のパイオニア・高須クリニックの高須克弥院長に、美や人生について指南してもらうこのシリーズ。

 4月11日発売の『週刊ポスト』が報じた、女優・吉田羊とHey!Say!JUMP中島裕翔の熱愛報道。30代で浮いた話ひとつなく、枯れかけてる女性がいるかと思えば、40代でこのみずみずしさ! 何をどうすると、20歳も年下の男の子にモテるんでしょうか。教えて、かっちゃん!

◆吉田羊は“年齢不詳”ではなく“年相応”

 Hey!Say!JUMP中島裕翔との熱愛スクープで、女優・吉田羊が「アラフォーの希望の星!」と話題です。“年下にモテる顔”というのはあるんでしょうか。

高須:写真を見る限り、そんなに『若い!』っていう感じでもないよね。年相応かな。強い光を浴びせて写真を撮れば、誰でもこれぐらいの“年齢不詳”になら、なれるだろうね。

 こんなイケイケの女性を見ると、女子SPA!はがぜん応援したくなるのですが、中島裕翔ファンからは、「さすがに引くレベル」「お母さんじゃん」「羊の皮を被った女狼」という声が挙がっているほか、「整形疑惑」まで出る始末……。

 吉田羊自身は熱愛について無言を貫いていますが、中島裕翔は7月クールのドラマで、ゴールデン帯初の連ドラ主演を務めるなど、まさに絶賛売り出し中のジャニーズタレント。そのため「芸能界から追放されるのでは?」なんて憶測まで飛び出しています。そんなピンチの吉田羊に、かっちゃんからアドバイスが……。

◆60代でもゴロゴロいるレベルの美貌

高須:ただ、これ以上痩せるとマズいね。不倫騒動の謝罪で久しぶりにテレビに出演したベッキーがいい例なんだけど、顔の凹凸がしっかりしてる人がやつれると、ものすごくおばあさんに見えちゃうの。だから、年を取ったらある程度、太っていたほうがいい。吉田羊はベッキーほど彫りが深くはないけど、それでもガリガリに痩せたら、ほお骨が飛び出して、魔法使いのおばあさんみたいな顔になりますよ。

 老けないためには、痩せちゃイカんと。

高須:そうそう。あとは、こまめにケアすることだよね。といってもこれぐらいのレベルの美貌であれば、キープするのはそんなに大変じゃない。うちの病院でいうと、50代や60代の患者さんでもこれくらいの美人はゴロゴロいますよ。

 どんなケアをしてるんですか?

高須:ごくシンプルですよ。年をとってしなびてきたら、ヒアルロン酸注射などでふっくらさせる。たるんできたらウルセラ(※)などで引き締める。一度に若返らせるのは大がかりな工事が必要だけど、マイナーチェンジであれば、手間も時間もかかりません。個人差もあるだろうけど、毎月美容院に行っている人であれば、日割り計算すると“美容院にかけてるお金と同じくらい”で美を保つことができますよ。

(※)高密度の超音波を照射し、皮膚の下にある筋肉に直接熱エネルギーを加えて筋肉を引き上げ、たるみを解消する新しい若返り施術。“切らないフェイスリフト”とも呼ばれる。

◆年の差恋愛はジャニーズの伝統芸?

 いわゆる“美魔女”も、必ずしも年下男とつきあってるわけではありません。“年の差恋愛”ができるのは、どんな人だと思いますか。

高須:相性なんじゃないのかな。ものすごく年寄りが好きな人もいれば、若い人じゃなくちゃダメっていう人もいる。男も女もそうだよね。もともと持ってる才能みたいなものかも。1000人いれば、ひとりやふたりは必ず、年寄り好きがいますよ。ジャニーズで言えば、“年の差恋愛”は伝統芸みたいなものでしょう。森光子と東山紀之という、偉大な先達者がいるわけだし。あのふたりなんて46歳差でしたよ。

 06年に『FRIDAY』で、KAT-TUNの亀梨和也と小泉今日子の熱愛が報じられましたが、この2人の年齢差は20歳。その“血筋”は脈々と受け継がれているのかもしれません。