大きくて見やすい文字とボタン、使いやすさ向上

写真拡大

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、「Pioneer」ブランドのデジタルコードレス留守番電話機「TF-SE15シリーズ」を2016年5月下旬に発売する。

親機のディスプレイに従来モデルより大きな4.7型液晶とホワイトバックライトを採用したほか、大きなボタンと大きな受話器で、見やすさと使いやすさ向上させた。登録している相手にワンタッチで確実に電話をかけられる「ワンタッチダイヤル」(5件)、手書きで名前を書き込め、登録先がひと目で分かる「手書きお名前シート」を備える。

未登録の番号からの着信時にメッセージを流す「おまかせガード」、相手先を確認してから電話を受けられる「まかせて応答」、0120・0800から始まる番号からの着信を自動的に切る「0120・0800ガード」、出たくない相手の番号を登録できる「特定番号ガード」など、迷惑電話の防止機能を搭載。

子機は、見やすい3行表示液晶とホワイトバックライトを採用し、使い勝手の良い十字キー、3件まで登録可能な「ワンタッチダイヤル」を備える。

ラインアップは、子機1台付き「TF-SE15S」、2台付き「TF-SE15W」、3台付き「TF-SE15T」。カラーはホワイト。増設子機「TF-EK36」も同時発売。

価格はいずれもオープン。