ゴシゴシ汗拭きはNG!「夏の肌老化」を防ぐポイント4つ

写真拡大

連休も明けてだんだんと暑くなってきました。太陽がまぶしい季節がやって来ると、気になるのが紫外線ですよね。

今では、一年を通して日焼け止めを塗るのが当たり前になってきていますが、じつは夏は紫外線だけでなく、肌の乾燥や皮脂の減少など肌の老化を早める原因がたくさんあります。

アウトドアやバーベキュー、海水浴など、楽しいイベントが待っている夏、上手に肌老化を防いで思いっきりエンジョイしたいと思いませんか?

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『Cinco Vidas Blog』などを参考に、夏の肌老化を防ぐポイント4つをご紹介します。

これから夏が来る今の時期から、予防法を頭に入れておきましょう!

 

■1:こまめな水分補給

夏になると炭酸飲料やビールが飲みたくなりますよね?

でも、肌のためには喉が渇いたときに一気に飲んで爽快感を感じるのではなく、少量のお水やお茶をこまめに飲むほうがいいそうです。

夏は暑さのために体内から水分が奪われてしまうので、それを補うためにこまめに水分補給をしなければなりません。そうしないと肌が乾燥してしまうというのです。

お出かけやオフィスでは、マイボトルを持ち歩くなどしていつでもどこでも水分補給できるようにしたいですね。

そして、飲み物の温度は冷たいものよりも、常温もしくは白湯くらいの温度のほうが体に吸収されやすいそうです。

 

■2:汗はゴシゴシ拭き取らない

スポーツの後や真夏の外出など、汗がどっと噴出したときでも決してタオルでごしごしと汗を拭き取らないでください。

優しくタオルで顔や体をパッティングするように、汗を吸い取るのが正しいやり方です。そうしないと、肌表面のうるおいを保つ皮脂までも拭き取ってしまい肌が乾燥する原因になってしまいます。

私たちの肌には水分を閉じ込めておく皮脂もとても重要。必要以上に拭き取ってしまわないよう気をつけましょうね。

 

■3:エアコンは最低限に

エアコンの効いた部屋にずっといて肌がカサカサになった経験はありませんか?

それは、エアコンが空気中の水分を奪ってしまうから。だから私たちの肌の潤いまで吸い取られてしまうのです。特にエアコンの風の通り道は要注意です。

エアコンの効いた部屋では体も冷えてしまい、血行が悪くなった肌はくすみの原因にもなります。

エアコンの使用は、昼の暑さのピーク時や寝るときだけにして、あまり多用しないようにしたいですね。

 

■4:とにかく保湿を徹底

1日の終わりにはちゃんとメイクや肌の汚れを落とし、しっかり保湿しましょう。

カレンデュラやアロエは紫外線でダメージを受けた肌を健やかに保つ働きがあると言われ、またハトムギには美白効果もあると言われています。

自分の肌に合った保湿ローションを、お肌がモチっとなるまで繰り返しパッティングしてください。

夏は、惜しみなく使えるお手頃価格の保湿ローションを1つ買って、毎日のお手入れに加えてみるのもいいですね。

 

以上、夏の肌老化を防ぐポイントをご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 本格的な夏が来る前に、暑い日は上述したことを実践して、少しでも早く肌の老化を防ぎたいですよね。夏の肌老化、結構バカになりませんよ!

もちろん、日焼け止めをしっかり塗ることも忘れずに。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

 40歳過ぎたら毎日食べたい!「肌老化を防止する」美味しい食品6つ

※ えっ…肌老化だけじゃないの!? 「シワの深さ」で判明する病気のリスク3つ

※ 肌かゆ〜い…が、まさかこんな病気!? 「肌の異変が教えてくれる」病気4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

※ いつものケアじゃダメ!美容家直伝の「ワキの黒ずみケア」の秘訣

※ ウソみたいにドッサリ!93%が実感の自然に出ると話題の青りんごジュースとは

 

【姉妹サイト】

※ まるで食べる漢方レベル!美女子に嬉しい「カレースパイス」のヒミツ

※ キャサリン妃愛用!庶民も買える「プチプラ」マタニティブランド3つ

 

【参考】

※ 10 Steps to Prevent Summer Drying and Aging - Cinco Vidas Blog

 

【画像】

※ iza54500 / Shutterstock