20日、米紙ワシントン・ポストは、沖縄県の女性死体遺棄事件で米軍属の男が逮捕されたことを受け、日本政府が米国に対して強く抗議したと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月20日、米紙ワシントン・ポストは、沖縄県の女性死体遺棄事件で米軍属の男が逮捕されたことを受け、日本政府が米国に対して強く抗議したと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

沖縄県で先月から行方不明となっていた20歳の女性が遺体となって発見された事件で、米軍属の32歳の男が逮捕された。今月下旬に主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)でオバマ米大統領の訪日を控えた時期に起きた事件が日米関係に与える影響が懸念されている。安倍晋三首相はオバマ大統領との首脳会談で、事件について取り上げ、このような事件が二度と発生しないよう米国に求める方針だという。また、岸田文雄外相は19日、ケネディ駐日米大使と会談し、事件について強く抗議した。ケネディ大使は、沖縄県警と日本政府に全面的に協力し、再発防止に努めると述べた。両国では米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設が課題となっており、影響が懸念されている。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「いずれにせよ、オバマ大統領は日本人から嫌われているから、何も変わらない」

「分かったよ。この事件は、オバマ大統領が謝罪する言い訳になるということだな。オバマ大統領は大喜びしているだろう」

「この事件とオバマ大統領が具体的にどう関係するというんだ?」

「米軍基地を沖縄から撤退させよう!」

「沖縄の基地を閉鎖して、軍隊を帰還させよう。海外にある米軍基地はすべて閉鎖すべきだ」

「何十年も前に米軍は沖縄から立ち去るべきだった」(翻訳・編集/蘆田)