20日、今年3月に大やけどを負ったSNH48メンバーのタン・アンチーが、第3回選抜総選挙に立候補した。写真はタン・アンチー。

写真拡大

2016年5月20日、今年3月に大やけどを負ったSNH48メンバーのタン・アンチー(唐安[王其])が、第3回選抜総選挙に立候補した。網易が伝えた。

【その他の写真】

タン・アンチーは3月1日、グループが拠点を置く上海市内のカフェで、全身の80%にも及ぶ大やけどを負った。事故後は数回の手術を行い、治療とリハビリに励んでいるが、19日に事故から初めての肉声メッセージを公開。順調に回復していること、早くグループに戻りたいことを語っている。

SNH48の公式ホームページでは20日、タン・アンチーが第3回選抜総選挙に立候補すると伝えてきたことを発表。所属事務所ではタン・アンチーの回復状態が許す限り、参戦に同意するとしている。なお、第3回選抜総選挙はこの日にスタートし、結果発表コンサートは7月30日、上海メルセデス・ベンツアリーナで開催される予定だ。

同じく20日、タン・アンチーが所属するチームNIIのキャプテン、ダイ・モン(戴萌)がインタビューに答えた。現在、メンバーたちは無料通話アプリやSNSを通じてタン・アンチーと交流し、日々励ましているとのこと。「早く帰ってきてほしいし、彼女もファンの皆さんにとても感謝している」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)