ブラジル製、「京都テイスト」ジェット機

写真拡大

ブラジルのEmbraerは、ビジネスジェット機のコンセプト「エアシップ京都(Airship Kyoto)」を発表した。半分がガラス製のように思える航空機のなかで、床に座るのを好みそうな日本のビジネスマンを顧客として想定しているのだという。

「ブラジル製、「京都テイスト」ジェット機」の写真・リンク付きの記事はこちら

ブラジルの航空機メーカーEmbraer(エンブラエル)は、5,300万ドルする同社の大型ビジネスジェット機「Lineage 1000E」の10周年を記念して、新たな客室のコンセプト「エアシップ京都(Airship Kyoto)」を公開した

このコンセプトでは、目を見張るほど大きな窓を設けている。標準的な航空機のドアくらいの大きさがあるこの大きなガラス窓で、乗客は自然光を浴び、眺めを堪能できる。その眺めに匹敵できるのは、おそらく国際宇宙ステーションの観測窓くらいだろう。

太陽がさんさんと降り注ぎ、半分がガラス製のように思える航空機のなかで、床に座るのを好みそうな日本のビジネスマンを顧客として想定しているのだという。

embraer-lineage-1000e-kyoto-airship-concept-2

床のクッションという低い位置からでも空の風景が楽しめる。

この窓は、防曇性があるエレクトロクロミック調光ガラスを用いており、多層窓の色合いや遮光を調整できる。電気的シェードは、乗客が眠っているときには光を完全に遮断する。

Embraerは今回のコンセプトのため、高級ヨットのデザイナーであるパトリック・ノウルズと手を組んだ。両者は、2人用シャワーを追加したほか、窓で何か新しいことを行うことですぐに合意した。

航空機の窓は小さいのが一般的だ。機体の構造的完全性を損ない、重量が増して燃費が悪くなるからだ。すべての窓を廃し、全面スクリーンで代替した超音速ジェット機が開発されている(日本語版記事)のもそのためだ。

だが、Embraerの巨大窓の寸法は、民間航空機の標準的な出入口の大きさに匹敵する。普通はドアを配置する場所をガラス張りにしたのだ。

Embraerは1990年代に、リージョナルジェット「ERJ-145」をブラジルの沿岸警備隊向けに開発した。このヴァージョンには、今回のLineage 1000と似たような大型窓があったが、構造上、翼の前方に窓を配置した。新しいコンセプトについては、窓の軽量化と機体への統合の促進のために、チタン製の据付用器材を3Dプリントするかもしれない、と内装デザイン担当ヴァイスプレジデントのジェイ・ビーヴァーは説明している

Lineage 1000は、民間航空機をベースにしているので、大衆向け航空機に求められる耐久性基準を満たすように設計されている。互換性があるので、将来、機体中央席に座っていても、飛行中に素晴らしい眺めを楽しめるチャンスがあるかもしれない。

Kyoto_Airship_-_Lineage_1000-1024x683