写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●AkerunとmyThingsが連携
ヤフーは5月16日、同社のアプリ「myThings」とフォトシンスが提供するスマートロック「Akerun」の連携開始を発表した。同時に、iOSアプリではスマートフォンやスマートウォッチからワンタップでIoT製品やWebサービスを操作できる「ボタン」機能も追加された(Android版は実装済み)。

myThingsはIoT製品やWebサービスの機能を連携できるアプリで、「動画共有サイトで好みの動画公開されたら通知する」「気温が低い日の朝は、自動的にエアコンをつける」といった動作を、myThingsの連携機能で実現する。

Akerunは、ドアの鍵に取り付けるIoT製品で、スマートフォンを使った鍵の開閉や入退出管理を実現する。今回の連携によって、エアコンなどの家電製品を操作できるリモコン端末「iRemocon」と組み合わせて「玄関の鍵を閉めたら消し忘れた家電製品の電源を自動で消す」といった動作が可能になる。また、Evernoteなどと連携することで、ドアの開閉履歴を保存でき、防犯対策としても使用できる。

一方のボタン機能は、スマートフォンやスマートウォッチで仮想的なボタンを押すだけでIoT製品やWebサービスを操作できるというもの。同社は利用例として、帰宅途中にボタンをタップしてエアコンを起動したり、定型メッセージを送ったりといった、"日々の決まった動作"を、仮想ボタンのタップだけで実現することを提案している。

○つながるサービスは48種類まで増加

myThingsは昨年7月にサービスを開始。シャープの家電製品やさまざまなIoTプロダクトを手がけるCerevo製のハードウェアから、ヤフーが提供するサービスやSlackといったソフトウェアなど48種類の製品・サービスと連携できる。今後も、連携製品・サービスはさらに拡充する見込みだ。

現況と今後の展望について、ヤフー スマートデバイス推進本部 myThingsサービスマネージャーの中村 浩樹氏と同本部の横田 結さんに話をうかがった。

――昨年7月のリリースから9カ月(インタビューは4月)が経ちましたが、予測数値に対する実際の利用状況の進捗はいかがでしょうか?

中村氏:利用者数は着実に伸びています。昨年の12月にBASE6(ヤフーの社員食堂)でユーザーイベントなどもやり、手応えはつかんでいます。つながるサービスプロダクトも48個と、リリース当初から徐々に増えていますし、特に"モノ"との連携が増えているところがポイントです。

ただもちろん、このビジネスで重要なのはユーザー数で、先の目標はいろいろとありますが、まずはユーザー数の増加に注力しています。例えば、ソフトバンクのテックカフェでIoTデバイスの展示が行われており、そこでの連携デモンストレーションであったり、IoTの消費者参加型プラットフォーム「プラススタイル」との連携も行っています。ここは、グループでシナジー効果を見据えての取り組みとなります。

●インスタから家電まで、広い間口でサービス活性化を
――デバイス連携と言えば、発表時にもシャープの家電製品との連携が注目を集めました

中村氏:シャープのともだち家電は、親和性が高いと考えています。独自のココロエンジンをお持ちですし、センシング技術や音声認識技術など、Webとの融合が図られています。

もちろん、大手の家電メーカーに限らず、さまざまなメーカーさんとお話する中で、Webを介した連携に対するニーズはかなり感じています。話をする中で共通するポイントは「プロダクト1個1個と(Webサービス)の連携は難しい」という話です。myThingsでは、そうした障壁がなく、プラットフォームを介すことで簡単に接続できるので、そこに魅力を感じ、話を進めていただいています。

――myThingsで人気のサービスの組み合わせはありますか?

横田さん:サービスを"チャンネル"化して、それぞれのチャンネルを組み合わせて利用するのですが、オススメの特集以外にもかなりユーザーさんがそれぞれ独自の好みの組み合わせを利用されていますね。

Twitter連携では、ハッシュタグ「#mythings」で検索していただくとわかりますが、アクティビティのログを流す方、Yahoo!天気の情報を流す方が多いようです。

また、位置情報の組み合わせも人気で、特定の場所に到着したら、自動的に「行ってきます」とつぶやいたり、家族にメールを送信したりといった形ですね。社内で言えば、エンジニアがSlack(ビジネスSNSサービス)に担当サービスのエゴサーチを載せたり、共同でコードの編集作業を行う場合は、特定の場所に資料が上がってきたら通知したりする、といった具合です。

最近のトレンドに合わせた使い方で言えば、Instagramでいつもおいしそうな料理の写真をアップしている方がいますよね。そうした特定のアカウントの画像を、画像収集サービスのPinterestに転送するといった使い方です。すべて自動化できるので、簡単に好みのフォトブックが出来あがるようなイメージで楽しいですよね。

もちろん、myThingsのメリットであるデバイスとの連携も大きなポイントです。ネットにつながる体重計が登場していますが、体重計でベスト体重を超えてしまったら「太ったよ」とツイートするようなチャンネルの組み合わせは効果絶大です。記録していくこともさることながら、外部に公開することで「頑張らなきゃ」という気持ちにもなれます(笑)。

――サービス説明会から「IoT」というキーワードを盛んに口にされている以上、やはりハードウェアの連携は気になるところです

中村氏:ユーザーの方に価値あるものを、という逆算的な発想でやっています。(ソフトウェア連携、ハードウェア連携の)どちらに寄るかは意識していません。間口は広く開いているつもりですし、実際にmyThingsのWebサイトにチャンネル化の申請フォームを用意しています。いただいた問い合わせから進んだ案件、事例も実際に出始めています。

ハードウェアとネットの接続は、一個一個、個別でソフト面を作っていてはできない価値があると思うんです。その実現できない価値を生み出すプラットフォームにしたいなと考えています。アクティビティ管理のJawboneで言えば、普段の生活をトラッキング、ロギングして管理するデバイスで、能動的かつアクティブにデータを管理するデバイスと思われがちですが、おじいちゃんやおばあちゃんに付けてもらって、遠隔でそうした情報を自動的に自分の手元に送れるようにすることでコミュニケーションにつながると思うんです。

また、Cerevoさんが提供されている「Hackey」という製品は、鍵をひねるだけでWebサービスのトリガーとなるんです。デバイスにはLEDも付いているので、玄関に置いておいて「雨なら光る」といった設定にしておけば、わざわざ天気サイトまで見に行かなくていいですよね。今は自分で意思を持って、頭で考えていることが、こうしたデバイスによるインタフェースが増えることで、"体験"を受動化できるんです。ユーザー体験がまったく変わっていく、そうした間にmyThingsが介在している環境になればと思っています。

●IoTの可能性は「どれだけちょっと便利にできるか」にある
――ただ、「IoT」というバズワードは言葉だけが先行している印象も否めません。コンシューマー、ビジネスの双方で"使われすぎ"にも思えますが

中村氏:確かに、IoTはコンシューマー領域とビジネス向け領域の2つがあります。myThingsはビジネス活用もできると思っていますが、あくまで「対エンドユーザーへ価値を提供していきたい」というポリシーがあるので、B2Cが念頭にあることは間違いありません。

もちろん、IoTは(コンシューマー向け)市場として、まだまだ立ち上がっていない時期にあると思います。エンドユーザーがどういう利用を考えているのか、多くのプレイヤーが試行錯誤中ですよね。私たちも、アプリで特集コンテンツを作って試しながらやっていますし、先ほどのHackeyのようなデバイスが「スマホの次」に近いところじゃないかと、おぼろげに見えてきたところだと思います。

横田さん:IoTの時代は多分、すぐそこまで来ていると思うんです。myThingsとつながっている、あるデバイスが「myThingsを活用できるよ」と告知したら、利用率がグンと上がったことがあったんです。それをさらに加速させるような連携をやっていきたいですよね。

――Webとモノを"つなげる"プラットフォームを1年弱運営してこられました。その中で感じた課題はどこにあるのでしょうか

中村氏:足りない部分はかなりあると思います。例えばディストリビューション(流通)の問題で、デバイスの量、価格などが、ユーザーにとってまだまだ手に取りやすい状態にはなっていませんよね。

また、これからIoTデバイスはいろいろ出てくると思いますが、一つ一つが単機能化されていくと思うんです。イスがIoTデバイスとなるならば「座る」「座らない」の動き、電球がIoTデバイスになるなら「点く」「点かない」に付随した機能でなければ、多機能すぎてもユーザーは「ただ高いデバイス」と認識してしまう。真価を発揮しにくいんじゃないかなと思います。多くのエンドユーザーへ製品を届ける時に、突飛なものは行き届きません。

「モノを買う」「誰かとコミュニケーションする」といった人の行動は変わらずに、やり方が変わるだけ。スマートフォンで当たり前な動作を、「どれだけちょっと便利にできるか」、そこがIoT普及の鍵なんじゃないかなと考えています。

○ソフトバンクとの共同歩調は大きな成果に?

冒頭で触れたテックカフェやプラススタイルなど、ヤフーの親会社であるソフトバンクとの共同歩調も多く見られるmyThings。実際に、担当者インタビューでも似たようなキーワードが飛び出した。「IoTデバイスの単機能化」や「プラットフォームとして広い事業者との連携を進める」といった部分だ。

ヤフーはソフトバンクグループにおけるWebの世界のハンドリングを担ってきたが、Webとデバイスの融合が図られる「IoT」では、その境界線も曖昧になる。そうした環境で、さまざまなアクセサリ製品、そしてテックカフェなどでIoTデバイスをユーザーに近づける役割をソフトバンクが担う時、ヤフーとのさらなる密接な共同戦線は必然とも言えるだろう。

かつて、イーモバイルをヤフーが買収する発表が行われた時、ヤフー 代表取締役社長の宮坂 学氏は「第4の通信キャリアではなく、日本初のインターネットキャリアになりたい」と意気込んでいた。ただ、Webとフィジカルな世界のデバイスが融合する時、「買収の頓挫」からのイーモバイルとソフトバンクの一体化、そしてIoTへの注力という予期していなかったであろう流れの移り変わりは、大きな成果につながる可能性もあるだろう。

(徳原大)