コレクション刊行記念イベントでの筒井康隆氏

写真拡大 (全3枚)

  ドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系列)の7月放映が報じられたとたん、ネットでは「またアニメの実写化か」とつぶやく人と原作や旧映像作品を知る人たちとの間で論争が起きた。『筒井康隆コレクションVフェミニズム殺人事件』(出版芸術社)刊行記念イベントで「炎上していたねえ」と笑った原作者の筒井氏は、「50年も前の作品だが、よく働く『銭をかせぐ少女』だね」と9回目の映像化に感慨深げだ。映像化だけでなく近年は旧作、新作ともに刊行や増刷が相次いでおり、世代を超えた筒井ブームが起きつつある。

『時をかける少女』は、1965年に中学生向け学習雑誌で連載を始めた筒井康隆氏による少年少女向けSF小説。1972年にNHKで初めてドラマ化されて以来、1983年に原田知世が主演した大林宣彦監督作品や2006年の細田守監督によるアニメ映画など、9回にわたり映像化された。その時代のアイドルが演じてきたヒロインは前出の原田以降、南野陽子、内田有紀、安倍なつみ、仲里依紗に続き、今回は黒島結菜がつとめる。

 デビューから50年を超え、筒井氏自身が81歳の今、なぜ再ブームが起きつつあるのか。ミステリ・SF研究家で前出『筒井康隆コレクション』の編者でもある日下三蔵さんは、「旧作のリバイバルと話題の新作、ふたつの事象が重なったことが今の状況につながっていると思います」と分析している。

「1980年代まで、筒井作品の多くはいつでも書店で買えるものばかりでした。ところが、出版社が在庫をあまり持たなくなり、1997年に消費税率が5%に上昇し外税表示になったことで書籍の価格を表示するカバーをかけ替えねばならなくなったなどから経費削減がすすめられ、一部の大ベストセラー以外は次々と絶版になりました。その流れに筒井作品も飲み込まれたのです。この数年、失われたそれらの作品が次々と復刻されています」

 前出のコレクションは2014年11月から刊行が始まり、現在5巻まで刊行。2015年3月には丸善ジュンク堂書店限定で1970年代に書いたエッセイ集『狂気の沙汰も金次第』、短篇集『おれに関する噂』が復刻。1994年に文庫が発売された『旅のラゴス』はもともとロングセラーだったが、ネットでの口コミを中心に評判が広がり、2014年から売れ行きが急伸して年間10万部を超える増刷がかかった。

 続いて最後の長編として発表された『モナドの領域』掲載の「新潮」2015年10月号が完売。作品を読めない「モナド難民が続出した」(筒井氏談)ため、12月に単行本が緊急出版された。筒井ブーム到来の予感を語ったのは、誰でもない筒井氏本人だ。

 昨年度末、税理士に納税金額の説明をうけた結果「税金も高額となる。光子(※夫人)は貯金がなくなったと言っていささか不満げだが、考えようによってはこの歳でこれだけ納税できるというのは嬉しくもあり有り難いことでもある」とWEB連載『偽文士日碌』(3月11日付)につづっている。

 今年も筒井作品の出版は続いている。5月だけをみても前出のコレクションに加え『筒井康隆全戯曲』(全3巻)の刊行が開始、『現代語裏辞典』が文庫化、『アルファルファ大作戦』が改版復刻され、涼宮ハルヒで知られるイラストレーターいとうのいぢ氏が挿絵を担当した『ビアンカ・オーバースタディ』の文庫が発売される。『時をかける少女』のような50年前の作品も、21世紀に執筆されたものも、同じように話題と人気を集めるのはなぜか。

「筒井作品は執筆当時の世相風俗を積極的に取り入れているのですが、骨格のしっかりしたエンターテインメント作品ばかりなので普遍性があり、映像化しやすい。『時をかける少女』が映画やドラマになるのは今回で9回目、『七瀬ふたたび』も4回、映像になっています。映像をきっかけにして平成生まれの若い人たちも原作を手に取り作品に魅了される。筒井さんの人気はブームに終わらず定着すると思っています」(前出・日下さん)

 10~20代が中心的な読者であるライトノベルは挿絵のイラストによる購入、いわゆる「ジャケ買い」が少なくない。前出の『ビアンカ〜』だけでなく、『時をかける少女』の角川つばさ文庫版もいとうのいぢ氏が絵を担当、2006年から新装版となった角川文庫版では新世紀エヴァンゲリオンのキャラクターデザインで知られる貞本義行氏がイラストを描いている。映像とジャケ買いをきっかけに、世代を超えた筒井ブームはどこまで広がるか。