16日、中国の掲示板サイトに「中国人の民度に対する日本人の見方」題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は上海。

写真拡大

2016年5月16日、中国の掲示板サイトに「中国人の民度に対する日本人の見方」題するスレッドが立った。

スレ主は上海で見られる光景について紹介。例えば、バスに乗る時は割り込みが激しく後ろからも押されるような状況で、「ハード面では進んでいるが、人々の民度には失望させられる」とした。トイレでも、日本では混んでいるときは並んで順番に使用するが、中国では早い者勝ちで、並んでいたら永遠に用を足せないと、日中の違いを強調。「中国の経済が成長すると同時にマナー教育も充実させて、名実ともに礼儀の国になってもらいたい」と論じた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国は文明からはまだまだ遠いようだな」
「中国人には最低限の秩序と善悪の観念がない」

「一連の政治運動の結果だろ」
「民度は教育と法治にかかっている。中国は両方とも悲惨な状況なのに、日本と比べられるわけがないだろ」

「上海人の民度は高い。でも上海は地方から流入してきた人が多すぎるんだ」
「やはり多くの面で日本に及ばないことは認めざるを得ない。幼い時からの教育に問題があるのだと思う」

「日本人は表面を見るだけで中国のことを理解できない。地方出身者が多いんだよ。中国も日本と同じように農家が200万人しかいなければ民度で日本には劣らないはず」(翻訳・編集/山中)