20日、韓国の「夫婦の日」(5月21日)を前にした調査で、韓国人が最も信用できないと考えている相手が「夫」との結果が出た。資料写真。

写真拡大

2016年5月20日、韓国・文化日報によると、韓国の「夫婦の日」(5月21日)を前にした調査で、韓国人が最も信用できないと考えている相手が「夫」との結果が出た。

韓国企業「ダウムソフト」がネット上のブログや掲示板に使われた用語を集積したビッグデータを基に導き出した資料によると、「韓国人が疑っている人物トップ10」の1位は「夫」だった。「妻」はトップ10に入らなかったが「パパ・父親」は8位にランクイン、韓国の既婚男性が妻と子どもの両方から信頼されていないことが判明した。「夫」に続いて不名誉な2位となったのは「友達」、3位は「職員・社員」で、特定の職種では10位以内に唯一「医者」が6位に入った。

一方、「うそつきトップ10」の1位は「友達」、2位は「ママ・母親」で、3位にはまたも「夫」がランクインした。「ママ」がうそつきとされるのは、「大学に行けばきれいになれる」「正直に言えば許してあげる」といった母親たちの「うそ」を、子どもたちがネットで頻繁に告発しているためという。

ダウムソフト関係者はまた、「疑っている人物」と「うそつき」のトップ10に「夫」のほか「息子」「子ども」「家族」がいずれもランクインしたことを明かし、「韓国人の家族間の信頼が揺らいでいることの表れ」とした。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「それでもつらい時に思い出すのはママだし、黙って後ろから見守ってくれているのはパパだと思う」
「上に出ている母親たちのうそは、信頼をなくさせるほどのうそじゃない。平凡な家庭なら、子どもは両親を信頼して愛してるものだよ。こんな情報は無駄な争いを起こすだけだ」

「愛してるからじゃなくて、顔や財産を見て結婚するからこうなる」
「信頼できない人物の上位に『パパ』が挙がっているのはなんだか悲しい。自分がパパをどう思っているのか、改めて考えさせられた」

「母親はうそつきで父親は信頼できない…家庭はどうなるのやら」
「父親がブログや掲示板に書き込まないからこういう結果が出るんだよ。統計の落とし穴だね」
「信じなければ始まらないのに、信じてばかみたいにだまされるのも嫌だ。どうしたらいいんだ」(翻訳・編集/吉金)